トップページ

 

ジャガラモガラ?

2016

 

 

 紅花の写真を撮りに車で走っていた時、目に入った看板が「ジャガラモガラ」??目的地に到着する直前だったのだが、私はわざわざ車をバックさせ看板を確認しました(写真下)

 

DSC_6571 DSC_6573

 

「ジャガラモガラ」は地名らしく、その看板から4キロほど山奥にあるらしい。看板の説明を読んでもイマイチ良くわからない。目の前には「じゃがらもがら交流センター」なんて建物まであるので、私は、村おこしにこんな変な名前を付けて客集めをしようという魂胆なのかと疑いました。

 

Jagara map01

 

 正式名称が「ジャガラモガラ風穴植物群落(山形県指定天然記念物)」とあります。県の天然記念物だから有名なのに、私が知らなかっただけらしい。「植物群落」とある!野生の植物があるなら、紅花なんて栽培品は後にして、行かない手はない。

 急遽、予定を変えて、ジャガラモガラに行ってみることにしました。

 

routeJagara02

 

 下の国土地理院の地図にもジャガラモガラの名前がありますから、どうやらかなり古くから知られていたらしい。

 

WS000243

 

 

山道の花

 車がすれ違うのが難しいような山道を登って行くと、やがて、道脇に十台分くらいの駐車場のある所で舗装が終わっています(写真下左)。ここがジャガラモガラまでの入り口で、山道なので歩きます(写真下右)

 

DSC_6579 DSC_8119

 

 山道は細いが草刈りも行われ、整備されています。道は斜面に沿って作られており、どちらかというと下り坂なので歩くのは楽です。

 

DSC_8121 DSC_8123

 

周囲の樹木には地元の小学生たちが付けたらしい名札がぶら下げられています(写真下)

 

DSC_6593 DSC_6594

 

 途中の道の両側にはいろいろな花が咲いています。まず目についたのが写真下のヤマブキショウマ(山吹升麻)です。日本全国どころか、北半球に広く分布するようです。トリアシショウマと良く似ていますが、葉の雰囲気から言って、たぶんヤマブキショウマです・・・自信はない()

 

DSC_6696 DSC_6697

 

 オカトラノオ(丘虎の尾)は虎というイメージからはほど遠い(写真下)。花を虎の尻尾になぞらえたとしても、その感性を疑うような名前の付け方です。シロカンザシなんて名前はどうでしょう。これを折って、そのまま髪の毛に刺して飾る。

 

DSC_6698 DSC_6603 DSC_7655

 

 ウィキペディアには陽当たりの良い所に生えているとありますが、私が見かけるのはたいてい日陰で、ここもそうです。

 

DSC_7663 P1260437 DSC_6604

 

 オカトラノオと似ているが薄紫色のクガイソウ(九蓋草)も咲いています。本州の山地などに生えている植物です。春先の芽は山菜として、また根は利尿作用のある漢方として用いられています。

 

 DSC_6620

P1260158 DSC_7648 P1260162

 

 写真下を私は長年ヤマアジサイなんだと思いこんでいましたが、調べてみると、ヤマアジサイは関東以西に生えているという。ここは東北ですから、エゾアジサイということになります。良く見られるエゾアジサイは薄い青ですが、ここのはすべて白です。

 

DSC_6599  DSC_6601

DSC_7575  DSC_7572

 

 写真下の花はヌスビトハギ(盗人萩)なんてすごい名前を付けられてしまいました。私は長い間、種がベタベタと衣類に付いてくることから付いた名前かと思っていました。ところが、日本の植物界の大御所である牧野富太郎氏によれば、実が泥棒の足跡に似ているからだというものです。

 

P1260631 P1260635

DSC_8242 DSC_8131

 

 写真下はアキカラマツ(秋唐松)でたくさん生えています。

 

DSC_8180 DSC_8181 DSC_8185b

 

 写真下は上と似ていますが、カワラマツバという別な植物です。名前どおりに、葉が松の葉のようにとんがり、陽当たりの良い河原に生えているような植物ですが、亜高山にも生えています。

 

DSC_6674 DSC_6627

P1260166

 

 

ヤナギラン

ジャガラモガラに到着。私は花の写真を撮りながらなので少し時間がかかりましたが、ゆっくり歩いても駐車場から十数分しかかかりません。

 

DSC_6621

 

 写真下がジャガラモガラだというが・・・看板がなければ、素通りしそうなくらい、ただの谷にしか見えない。それもそんなに広くはありません。ただ、奇妙なのは、樹木が谷には生えていない。人間が伐採したのではなく、自然のままです。これもジャガラモガラの特徴の一つで、普通の山なら高い方が樹木が生えなくなるのに、ここではそれが逆転しています。

 樹木が生えない理由は、この谷底が流紋岩の瓦礫でできていて、水さえも溜まらないからです。たぶん樹木が生えても、根を十分に張ることができず、大きくなる前に枯れるか、倒れてしまう。

 

P1260172

 

 この後も何回かここを訪れましたが、人に会ったのは一度だけでした(写真下)。この近くはハイキングコースになっているので、ハイキングに来る人たちが大半で、私のようにジャガラモガラだけが目的という人は少数のようです。

 

DSC_7652 DSC_7649

 

 道端の看板の案内で私の目を引いたのが、ここにヤナギラン(柳蘭)があると書いてあったことです。谷底のあたりにポツリポツリと咲いています(写真下)

 

DSC_7623 DSC_7625

DSC_6646 DSC_7613 DSC_7605

 

 柳蘭という奇妙な名前の由来は、葉が柳に似ていて、花が蘭に似ているということのようで、ヤナギやランの仲間ではありません。だが、葉もヤナギのように垂れていないし、花もランに似ていると言われも・・・。

 

DSC_6647 DSC_6653 DSC_6654

 

 日本では中部以北に分布し、珍しい花ではありません。群落するときれいなので、長野県や群馬県では夏の山の風物詩としての観光の目玉の一つになっています。残念ながら、ジャガラモガラのヤナギランは群落と言うにしてはちょっと寂しい。

 

P1260157 P1260159

DSC_7608 DSC_7609 DSC_7610

 

 世界的にも珍しい花ではありません。アジア、欧州、北米など広く分布しています。良く見かけたのがチベットで、道端などに群生していました。ジョージアでも道脇に生えているのを見ました。

 

DSC_7619 DSC_7621 DSC_7633

P1260167 P1260449

 

 海外ではよく見かけたのに、私は山形では見たことがありませんでした。今回、初めて山形で見るヤナギランです。山形県では絶滅危惧II類に指定されていますから、やはり山形では珍しいらしい。

 

DSC_8176 DSC_8189 DSC_8171

P1260169 P1260447 P1260456

 

 いっせいに咲くのを期待して何回か訪れましたが、写真のように群落とは言い難い。ポツポツと咲いている程度です。ウィキペディアには高さが1.5m程度までありますが、ここのは優に2メートルを越すものも珍しくありません。ネットで見ると、この背の高さはそれほど珍しいことではなさそうです。谷に生えている草は人の背の高さよりも高いのが多いので、自ずと高くなるのでしょう。

 

DSC_6645 DSC_7624 DSC_7632

 

 

天然冷房

 目的のヤナギランは写真を撮ったので、改めてジャガラモガラとは何なのか見てみましょう。天童市のホームページの説明では次のようになっています。

 

「ジャガラモガラは、雨呼山(あまよばりやま)の北西の標高570mのところにある大きなくぼ地の南端にある、標高550mの等高線で囲まれた東西30m、南北62mのすり鉢状のくぼ地を言う。

 くぼ地の底は、複雑に変化しており、地下は、すべて流紋(りゅうもん)岩の礫石(れきせき)が埋積されている。また、くぼ地の底でありながら、水がたまることがない。さらに、くぼ地内には多くの風穴(ふうけつ)があり、真夏でも0度前後の冷風が噴き出て、その冷風がくぼ地全体を包み込んでいるため、極めて特異な植生が生じている。

 具体的には、一般的に高山において見られる植生とは逆に、くぼ地から高度が上がるにつれて、草木、低木、高木へと植生が変化している。また、植物の春の芽生えが遅く、ベニバナイチヤクソウ、コキンバイなどの亜高山性の植物が群生している。さらに、レンゲツツジ、ヤナギラン、ハンゴンソウ、ナンブアザミ、ホソバノキリンソウ、キセワタ、チョウセンゴミシ、トモエソウ、ミツモトソウ、ノダケ、ツリガネニンジンなどの非常に珍しい植物が数多く見られることから、学術的にも貴重な場所となっている。」

(http://www.city.tendo.yamagata.jp/tourism/kanko/ken-bunkazai.html)

 

 谷のほうに木道が突き出ていて、そこから先は立ち入り禁止らしくロープが張ってあります。しかし、下に降りて見ないとその風穴がわからない。実際、ロープの下には明らかに人間が歩いた道ができています。ウツボグサ(写真下)の生えている道に降りてみましょう。

 

DSC_8149 P1260175 DSC_7569

DSC_6628

 

 風穴がありました。穴はバスケットボール一つくらいの大きさです(写真下)。説明なしにこれを見たら、タヌキなど動物が掘った穴だと思うでしょう。

 

DSC_6634 DSC_6632

 

 手を近づけてみると、冷たい風が吹いている。暑いので、風穴の近くにしゃがみこむと、お尻が冷たくて気持ちがよい()。天然クーラーです。上記の天童市のホームページの説明では「真夏でも0度前後の冷風が噴き出て」とあるが、現地の看板にある「真夏でも3度から7度の冷たい風が出ている」のほうが正確でしょう。もし0度前後の風が出ていたら、風穴の周囲には霜がついているはずです。

 

DSC_6631 DSC_7602

 

 奇妙なのが道に敷かれたような瓦礫です。説明文では流紋岩の砂礫らしい。「道に敷かれた」と表現したように、まるで誰かが道を作るため石を敷き詰めたように見えます。しかし、どうやらこれは自然にできたらしい。斜面になっていますから、雨で水が流れることによって押し流され、「道」が出来たのでしょう。それは説明できるとして、見れば見るほど奇妙です。

 

DSC_8192 DSC_8156 DSC_8158

 

 

石を動かす風?

 奇妙の一つが砂礫が風穴から「流れ出た」ように見えることです。風穴から出てくる風は扇風機の「弱」くらいで、とうてい石を動かすほどの力はありません。石を吹き上げるほどのすごい風圧が働くことがあることになります。いったいどうやってそれだけの圧力を作り出しているのか?

 

DSC_7599 DSC_7600

 

 広い川が細くなることで圧力が高まり流れが早くなるのと同じように、地面の下に大きな空気の流れがあり、それが細くなることで石さえも吹き飛ばすくらいの風圧を作り出しているのでしょう。噴出しているのが冷たい空気であることから、火山性のガスではなく、大気が地下で冷やされて吹き出ていることになる。ここではその空気が常に外に向かって吹き続けているのだから、三十度もある外気を通過する間に二十度以上も下げていることになります。

 

P1260170

写真上下 ツネガネニンジン(釣鐘人参)

DSC_8157 DSC_8153 DSC_8151

 

 

入り口はどこ?

 ここが風の出口なら、どこかに入り口があるはずです。しかし、まだ見つかっていないらしく、説明文にはありません。空気は圧力差によって吹き出しているはずだから、入り口はここよりも低いところにあります。ここは標高が550mほどで、4キロ離れた麓の集落のあたりで標高200mです。百メートルもの落差は大きな気圧差を生みますから、石を動かすほどの風圧が生じても、それほど不思議ではありません。

 

P1260611 DSC_8147

 

 だが、入り口に相当する穴は発見されていないということは、ここにあるような穴や洞窟のような形状ではないことになります。

考えられることは、風穴から出てきたあの瓦礫が大量に山の下にあり、その一部が標高の低い所で露出して事実上の入り口を作っているが、その上に土や植物などが薄く覆っているので気がつかないという可能性です。

 

DSC_8198 DSC_8148

DSC_8194 DSC_8188

写真上 カワラナデシコ(河原撫子)

 

 

なぜ石の大きさがそろっているのか?

 二つ目の奇妙な点は、砂礫の大きさがほぼそろっていることです。いったいどうやればこんなに大きさのそろった石ができあがるのか?まるで人間が砕石したみたいに大きさがそろっています。

 熱水が噴出する周囲では同じような大きさの瓦礫が作られることがあるようです。ここは40kmほど南に蔵王という火山が現役ですから、あったとしても不思議ではありません。

 

DSC_7603

 

 下の山の断面図が私の想像図です。山の下に流紋岩の瓦礫の層が斜めに入っており、瓦礫の間を大気圧の差によって空気が下から上に向かって流れる。標高の低い部分で露出した瓦礫の間から、圧力差で少しずつ空気が吸い込まれ、瓦礫の隙間を上昇していく。ジャガラモガラはちょうと谷の一番低いところだから、流紋岩の層がそこで露出して出口となっている。気象によって強い圧力差が生まれると、ジャガラモガラ側の狭い出口はノズルの役割を果たし、瓦礫を外に押し出す。

 

jagaro003

 

 天童市の説明にも、ジャガラモガラの地下は流紋岩の瓦礫で出来ているとあります。また、これならくぼ地に水が溜まらないのも説明がつきます。水は空気の流れとは逆方向に反対側の山の斜面から流れでることになります。ここよりも低い所で、雨の時だけ水がたくさん流れ出るような山の斜面があるはずです。

 

DSC_8195 DSC_6671 DSC_7598

写真上 アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

 

 空気と水が逆方向に流れることで、流紋岩の瓦礫の間の隙間が掃除され、ジャガラモガラの不思議な天然クーラーを保っているのでしょう。地下の蓄熱性を利用して、冬は暖房、夏はクーラーに使うというアイデアもあります。石は蓄熱性が高いですから、ジャガラモガラはその天然版なのでしょう。

 

DSC_6668 DSC_6669

DSC_7635 DSC_7637 DSC_7641

写真上 ホタルブクロ

 

 ジャガラモガラという奇妙な名前については諸説あり、ジャガジャガした地形説、姥捨て山説、アイヌ語説、じゃんがら念仏説、龍王説などです。しかし、現場を見れば、石がゴロゴロと転がっている様子をこのように表現したのは明らかで、私はジャガジャガ説に一票投じます。

 

DSC_7588 P1260451 DSC_7589

写真上 キンミズヒキ

 

 

ジャガラモガラの特別な草花

 天然クーラーのおかげで、ここは温度が低く、標高が500m程度の山にしては珍しい植物があります。一つ目がミツモトソウ。

 

DSC_7587 P1260446 DSC_7595

 

 写真上のミツモトソウと写真下のトモエソウなどは亜高山の花です。

 

DSC_8175 DSC_8169

P1260583 P1260593

 

 写真下はサワオグルマらしいが、やや小ぶりです。

 

DSC_7646 P1260616 DSC_7647

 

 写真下はホソバノキリンソウで、名前どおりに、キリンソウに比べて、葉が細い。

 

DSC_8184 DSC_8178 DSC_7596

P1260597 P1260596

 

 ハンゴンソウ(反魂草)は湿気の多い山地に咲く花で、朝鮮半島や中国にも分布します(写真下)

 

DSC_8165 DSC_8159

 

 背の高いアザミがあります。看板にはナンブアザミとありますが、ネットでナンブアザミを見ると頭を垂れたような咲き方をするのが多く、写真下のように上に向いて咲いているのは珍しいので、ナンブアザミかどうか自信がありません。

 

DSC_6660 DSC_7620 DSC_6666

P1260589

 

 写真下はキセワタというシソの仲間です。本来は1メートルもなる大柄な花ですが、ここでは背が低く、花もさえません。サワオグルマもそうだが、環境が合わないのでしょう。

 

DSC_8136 DSC_8133b

 

 これらの植物は珍しいというほどではないが、ジャガラモガラの狭い範囲にこれだけ集中して咲いているのはたしかに珍しい。おそらく、氷河期が終わり、暑さに弱い植物はこの周囲の山では絶滅したのに、ジャガラモガラは温度が低かったので、これらの植物が残ったのでしょう。

 

 

ついでに虫

 樹木がなく花が咲いているので虫もたくさん集まっています。

 

P1260600 P1260602

P1260587b P1260442

 

 見事なコガネムシのようなゾウムシ、かと思ったら、ドロハマキチョッキリという変な名前の虫です。ここは東北なので緑色の光沢、これが関東だと青色になり、関西では赤が混じるそうです。

 

P1260578b P1260579b

 

 写真下こそ本物のゾウムシで、お取り込み中の所を失礼しました()

 

P1260604b P1260606b

 

 葉が食い荒らされているのは、このバッタの食事の跡なのでしょう(写真下)

 

P1260181b P1260182b

 

 

帰り道

 帰りは同じ道ではなく、谷の反対側の山道を戻ります。少し遠いが、こちらはハイキングのコースになっているので、途中から道が広くなります。

 

DSC_8210 DSC_8235 DSC_8142

P1260623 P1260624

 

 林の斜面の中にクルマユリが何本か咲いています(写真上下)。私がクルマユリを見かける山でも数を減らしている。ここは保護が加えられているせいか、数カ所に何本かあります。ユリにしては花の派手さはないが、名前どおりの放射状の葉から高く突き出た茎にポツンと花を咲かせるのが印象的です。

 

DSC_8212 DSC_8222 DSC_8166

P1260625

 

 ジャガラモガラは樹木の生えていない谷なので明るかったが、帰り道の山の上のほうは樹木が生い茂り、薄暗い林の中に日陰を好む植物が見られます。

 

DSC_8202

 

P1260618 P1260619

 

 ホトトギスはヤマホトトギスとヤマジノホトトギスという二種類があるらしい(写真下)。花弁が反り返っておらず、真ん中の塔のような部分に斑点がありませんから、これはヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)という、このあたりでは普通に良く見られるほうです。

 鳥のホトトギスにある斑点と似ているのでこんな名前がついたようです。山のホトトギスという鳥と、ヤマホトトギスという花では、ちょっと紛らわしい。

 

DSC_8253 DSC_8241 DSC_8250

 

 ホトトギスの花は普段良く見かけているから、取り立てて観察したことがなかったが、こうやって見ると、案外面白く、また複雑な形をしているのですね。

 

P1260643

 

P1260632 P1260638

 

 今日は突然の寄り道で、名前どおりの奇妙な場所でした。ネットで検索しても、学者が本格的に調査したことがないのか、調査研究の報告らしいものは見つかりませんでした。世の中には案外身近にああいう不思議な現象があるものです。

 

 

 

 

トップページ