トップページ 日程表 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

 

 

アタカマ砂漠の花

3日目 2015925()

コピアポ ←→ ジャノス・デ・チャレ国立公園

 

 

 六時頃起床。まだ外は暗い。写真下は私の部屋からの眺めですが、このように見えるのは七時すぎてからです。

 

P1140982

 

 陽が昇ってから、写真上とほぼ同じ西側をホテルの最上階から見たのが写真下です。ホテルが街の中心部にあることから、この街のだいたいの大きさがわかります。

 

P1150060

 

 今日の予定は、花を見るために、コピアポからいったん南下して国立公園を通過して海岸に向かい、一周するような形でコピアポに戻ります。

 

route150925

 

 ホテルの二階のレストランで六時から朝食です。生の野菜や果物がなく、イマイチです。これはこのホテルに限らず、今回の旅行ではどこもそうでしたから、チリの人たちはあまり朝食を重視していないらしい。スペインからの移民が多いから、チーズがいろいろあるのではと期待したが、これもダメでした。どこのホテルでも判で押したように、スライスしたチーズと豆腐のような白いチーズしかありません(写真下左)

 

P1140980 P1140978

 

 

朝の散歩

 八時半に出発だというので、それまで街中を散歩します。下図がコピアポの旗などで用いられたマークなのですが、上の貝殻のような物と、その下の丸は何を表しているのだろう?

 

WS001412 WS001519

http://www.municipalidadcopiapo.cl/

 

 ホテルがあるのは街の中心部で、道は碁盤目ですから、街は人工的に作られたのでしょう。しかし、道が狭いから、新しい街ではありません。

 

P1150032 P1150034

P1150031 P1150039

 

 下記の朱線が私の散歩コースです。コピアポ川のそばまで行けば、何か野草や花が見られるのではないかと期待しました。

 

morning150925

 

 写真下左がホテルから見た西側の風景で、川の向こうは山が迫っています。写真下右がその川のそばで、幹線道路と並行しているので、川はコンクリートで固められており、花などありそうもないし、道を渡るのも大変なので、あっさりとあきらめました。

 

P1150055 P1150012

 

 見つけた花は道端の植え込みです。ただ、寒さのせいか、あまり元気ではありません。

 

P1150016 P1150018

 

 朝早いこともあり、意外に出店は少ない(写真下)

 

P1150019b P1150038b

P1150008

 

 出店よりも圧倒的に多いのが犬です(写真下)。放し飼いで、首輪もない。

 

P1150003 P1150040

P1150020 P1150023

P1150033 P1150009

 

 

リンゴを買う

 八時半に出発です。写真下が私たちのバスとドライバーです。

 

DSC_8430 DSC_8431

 

 水などを買うために、ホテルの近くのスーパーに寄りました。しかし、行って見ると、まだ朝早いせいか、開いていない(写真下)

 

DSC_8267 DSC_8266

 

 そこで近くの店で買い物をしました(写真下)。おじさんが一人だけいる小さな店で、野菜と果物など食料品を売っています。この周囲で野菜や果物が栽培できるとは思えませんから、全部運んで来たのでしょう。

 

DSC_8273 DSC_8270

DSC_8269 DSC_8271

 

 私は外見の違うリンゴを四つ買いました(写真下)。しかし、水と一緒に買ったので、一個がいくらなのかわかりません。味は悪くありませんでした。

 

P1150183

 

 コピアポの街を出て国道5号を南下します。コピアポの街を出ると、周囲は荒涼とした砂漠と山が連なっています(写真下)

 

DSC_8302 DSC_8295_01

 

普段の旅行ならバスの一番後ろに座る私が、この日は珍しくバスの前列に座りました。昨日も書いたように、バスの後ろ窓が砂で汚れて、写真が撮れる状態ではなかったからです。座席は毎日交代ですが、少なくとも今日と明日くらいは走行中の前の風景も撮れます。下の写真の、青い空に黒い斑点がついているのはバスの前面の窓についた汚れです。

 

DSC_8283 DSC_8286

DSC_8297 DSC_8438

 

 

一カ所目の花

 今日初めての花の散策です。写真下のようにちょっと見た目には花など目立ちませんが、砂漠の中に入ると、けっこう花が咲いています。

 

DSC_8353 DSC_8354

 

 一番目立つのが写真下のアルギリアで、ノウゼンカツラの仲間だと聞けば、なるほど花の格好が似ています。

 

DSC_8312b DSC_8315 DSC_8340

DSC_8370 DSC_8374 DSC_8380

写真上 Argylia radiata

 

 写真上のオレンジが中心ですが、黄色もけっこうあります。

 

DSC_8365 DSC_8404 DSC_8326

DSC_8316 DSC_8317

 

 アカタテハが舞っています(写真下)。厳密には日本のアカタテハ(Vanessa indica)とは違います。日本とチリとこれだけ隔たっていて、両者が分かれてからしばらくたっているはずなのに、外見がほんどと変わらないのがおもしろい。

 

DSC_8334b DSC_8337b

写真上 Vanessa carye

 

DSC_8388

 

 写真下は昨日も見たノラナの仲間です。今回の旅行ではノラナの仲間が多いので、月枝さんもパトリシオさんも分類に苦労しているようでした。

 

DSC_8412b DSC_8414b DSC_8420b

写真上 Nolana rostrata

 

 写真下の花はクリスタリアという透明感のある良い名前をもらいました。

 

P1150129 P1150130

DSC_8425 DSC_8427b

写真上 Cristaria glacilis

 

 

キスタンテの大群落

 道の両側にピンク色の花が群生しているのを見て、歓声があがり、バスを停めました(10:23)

 

DSC_8705b

 

DSC_8548 DSC_8515

 

 この花はキスタンテといい、アタカマ砂漠の花の写真には必ずと言ってもいいくらいに出てきます。

 

P1150090 P1150093

DSC_8729 DSC_8577

写真上 Cistanthe longiscapa

 

 こういう砂漠で爆発的に花が咲くのには、当たり前だが、雨が降らないと無理です。前回、多少雨が降ったのは2011年で、たまにしかこういう光景は見られません。アタカマ砂漠の花を見ることが難しい理由の一つです。

 

DSC_8706b

 

DSC_8525 DSC_8523

 

 たまに雨が降る原因がエルニーニョ現象だと言われています。エルニーニョは太平洋の東側の海の温度が上昇する現象で、2015年は1997年に匹敵するような大規模なエルニーニョが発生していると米海洋大気局(NOAA)が発表しています。(CNNニュース、http://www.cnn.co.jp/fringe/35068918.html)

 

P1150089

 

DSC_8586 DSC_8538

 

 エルニーニョは災害をもたらす困り物扱いですが、私のように花のために雨が欲しい側から見ると、期待してしまいます。2014年にもエルニーニョが現れて、アタカマ砂漠に雨が降るのを期待したのですが、本格的には発展しませんでした。

 

DSC_8737b

 

DSC_8581 DSC_8582

 

 今年のアタカマ州では三月に洪水が起きて死者が出るほどの大雨が降っています。今宿泊しているコピアポも洪水で道路が寸断されたとあります。異常気象がこれらの花をもたらしたことになります。

 

DSC_8574 DSC_8618

 

 キスタンテは普通は強いピンクだが、まれに白花もあります(写真下)

 

DSC_8701

 

 山のずっと上のほうまで花が咲いているが見えます。山の麓まで目測で五キロくらいあり、その間が花で埋まっています。

 

DSC_8657b

 

DSC_8676 DSC_8578

 

 こんな光景が何キロにもわたって道の両側に続いていて、丸一日ここにいられそうです。

 

DSC_8670 DSC_8663

DSC_8715 DSC_8662

 

 花のツアーとしては事実上の初日なのに、このお花畑だけでも目的を達成した気分です。

 

DSC_8730 DSC_8521

DSC_8658b

 

 

キスタンテの他にも

 生えているのはピンク色のキスタンテだけではあありません。写真下の花は小さくて可愛らしいが、環境が整うとかなり大きくなります。

 

P1150085b

写真上 Oenothera coquimbensis

DSC_8485 DSC_8487

 

 周囲に輪のような物が落ちています(写真下)。どうやらこの黄色いスキタントゥスの種らしい。

 

DSC_8636 DSC_8639

DSC_8481 DSC_8641

写真上下 Skytanthus acutus

 

 写真下は昨日も見たノラナですが、薄紫ばかりで別種のようです。

 

DSC_8501  DSC_8654b

DSC_8655b  DSC_8766

DSC_8752

写真上 Nolana paradoxa subsp.atriplicifolia?

DSC_8661  DSC_8753

 

 地面に顔を近づけると小さな花が咲いているのがわかります。

 

DSC_8772 DSC_8768

P1150108

写真上 Camissonia dentata

 

 歩きながら見ていると写真上も下も同じ植物のように見えますが、花を見ると別種です。

 

DSC_8782 P1150112

写真上 Frankenia chilensis

 

 写真下も小さいので地面に這いつくばって撮ります。

 

P1150102

写真上 Tiquilia litoralis?

 

 写真下の花など、熱く乾いた砂の上で必死に花を咲かせている。もちろん環境が良ければ、もっと大きくなる植物です。

 

P1150133 P1150134

写真上 Tetragonia maritima

 

 昨日も見かけたレウココリネがここにも1本だけポツンと咲いています(写真下左)

 

DSC_8603 DSC_8732

写真上左 Leucocoryne appendiculata

写真上右 Encelia canescens

 

 写真下の花は現地名はアニャヌカ(AÑANUCA AMARILLA)といい、主に黄色ですが、オレンジもあります。葉は根元にあるが目立たなく、この点ではナヅスイセンを連想させます。死者の花と考えられて、装飾用というのだから、日本のヒガンバナを連想させます。アニャヌカもヒガンバナの仲間です。

(http://www.flores-de-caldera.com/ja/flores/ananuca.html)

DSC_8704 DSC_8739

写真上 Rhodophiala bagnoldii

DSC_8685 DSC_8712

 

 写真下のチョウはチャマダラセセリのように見えます。激しく飛び回るので撮りにくい。それにしても先ほどのアカタテハといい、地球の反対側に日本と同じようなチョウがいるのには驚かされます。人類はアフリカから南米まで二万年かかって旅行したが、たぶん彼らはもっと早く世界中に広がったのでしょう。

 

P1150113 P1150118

P1150127 P1150128

写真上の蝶 Pyrgus orcus

DSC_8776 DSC_8774

 

 写真下左は小指のツメほどのバッタで、完全に周囲と同化している。写真下右のお食事中のイモムシ君は身体がテラテラして、なかなか迫力がある。

 

DSC_8392b DSC_8631

 

 何匹かトカゲを見かけました(写真下)。シッポの先までだと三十センチくらいあるでしょうか。イモムシと違い、写真を撮らせてくれと声をかけても、猛烈な速さで逃げてしまいます()

 

DSC_8700b DSC_8402b

 

 バスに乗り、さらに南下します。道の両側はお花畑が続きます。四十年ぶりの大開花だという話もこれを見ると納得できます。

 

DSC_8786_001c

 

 後で地図で確認すると、写真下の手前に見える山までは3kmほどもあります。その間がずっとピンク色の花が咲いている。

 

DSC_8810c DSC_8811c

DSC_8816b DSC_8817b

 

 

シャボテンの砂漠

 道路の料金所をすぎたあたりから花は減ってしまい、やがてほとんど見えなくなりました(写真下)

 

DSC_8824b DSC_8829b

 

 国道5号から右に曲がり、440号に入り海岸に向かいます(写真下, 12:50)。看板にはCto.costeroとあり、イルカとテントとビーチ・パラソルが描かれていますから、リゾート地らしい。

 

DSC_8841b DSC_8843

 

 バスは北西方向に向かっています。東側に見えるのがアンデス山脈の一部です(写真下)。チリは日本で同じで細長い国ですから、このあたりの横幅は200kmもありません。

 

DSC_8848b

 

 アンデスの一部にかすかに白い雪をいただいた峰が見えます(写真下右)

 

DSC_8916 DSC_8920

 

 両側は先ほどと同じように砂漠なのだが、こちらは花の群生は見られません。

 

DSC_8991 DSC_8992

 

 シャボテンの林が見えるあたりで、バスを停めました(13:11)

 

DSC_8993 DSC_8995

DSC_8996 DSC_8878

 

 紹介が遅れましたが、写真下が今回私たちを案内してくれるパトリシオ(Patricio Lopez Sepulveda)さんです。チリのコンセプシオン大学(Universidad de Concepción)で植物学を教えている先生です。学者らしい物静かな態度で、私たちにたくさんの花を見てもらおうという熱意が伝わってきました。

 

DSC_8887

 

 パトリシオさんが見ているのが写真下の白い花で、このあたりでは数少ない日陰を作っている植物です。

 

DSC_8884 DSC_8909 DSC_8885

写真上 Cordia decandra

 

DSC_8900

写真上 Senecio brunonianus

 

 ここにもチャマダラセセリがいて、しかも、先ほどと同じセネシオの蜜を吸っている(写真下)。写真下左の右上に止まっているのはシジミチョウのように見えます。羽にかすかにオレンジ色が混ざっていて日本でいえはベニシジミのようですが、南アメリカにはベニシジミの仲間はいないようです。

 

DSC_8894b DSC_8898b

 

 写真下はモンキチョウのようで、枝に卵を産み付けている。

 

DSC_8905b

 

DSC_8906 DSC_8951

写真上 Perityle emoryi

 

 今回の旅行では写真下のレウココリネはしばしばみられました。その多くが群生だったのに対して、ここのレウココリネは環境が厳しいせいか群生はしていません。

 

DSC_8889b

写真上 Leucocoryne narcissoides

DSC_8955 DSC_8958 DSC_8881

 

 太陽の強い日差しで地面はかなりの高温になっているでしょう。清楚な外見と違い、砂だらけの土の上にポツンと一本だけ咲いているのはなかなかたくましい。

 

DSC_8940 DSC_9002

DSC_8998 DSC_8984 DSC_8942

 

 写真下など、これだけ株が集まるのに何年かかったのでしょう。

 

DSC_8902 DSC_8969

 

 なんだ、これ!?姿といい、色といいなんとも変わった花です(写真下)

 

DSC_8964 DSC_8974

写真上 Aristolochia chilensis

 

 チリの固有種で「キツネの耳」という名前で呼ばれています。ハエを受粉の媒介とするので、あまり良いとは言えない臭いを出すそうです。

 

DSC_8960 DSC_8966

DSC_8975 DSC_8972

 

 写真下のマメの仲間は、チリのここアタカマ州や南のコキンボ州で見られる花です。

 

DSC_8976 DSC_8978 DSC_8994

写真上 Caesalpinia angulata

 

 地面を這うようにして咲く小さな花がいくつもあります。

 

DSC_8980 DSC_8933

写真上左 Encelia canescens

写真上右 Camissonia dentata

DSC_9005 DSC_8877

写真上 Tetragonia maritima

 

 写真下は午前中も見かけたクリスタリアです。

 

DSC_8927

写真上 Cristaria gracilis

DSC_8929 DSC_8947

 

 今回の旅行でもあちこちで見かけました。小さくて派手な花ではないが、薄紫の花が夢を見しているようできれいです。

 

DSC_8946

 

P1150129 P1150130

 

 写真下など花が小さすぎて、ほとんどわからない。しかし、逆にこの小さな花でこういう姿の植物はこれしかないので、判断ができます。

 

DSC_8939 DSC_9006 DSC_8957b

写真上 Pectocarya linearis

 

 

砂漠で昼食

 ここで昼食を取ることになりました。木陰はなく、炎天下の砂漠で、周囲の風景を眺めながら食べるのも悪くない。

 

DSC_8989

 

 私たちが来た南のほうを見ると、人工的な山が見えます(写真下)Los Coloradosという鉱山のボタ山で、チリは銅などの鉱物資源が豊かな国です。今回の旅行ではボタ山はここ一カ所しか見ませんでした。

 

DSC_8915 DSC_0526b

 

 写真下左はトラックに積まれた銅板です。

 

DSC_9799b DSC_0531b

 

 バスが走り出して間もなく、私の前の席にいるパトリシオさんが窓の外を指して大きな声で「ビクーニャ!」と叫びました(14:16、写真下)。南米のアンデスに棲むラクダの仲間です。非常に良質な毛が取れるので、一時ずいぶん乱獲されましたが、近年、保護が進み数は元に戻りつつあるようです。今回の旅行でビクーニャなど大型の野生動物が見られたのはこの時だけでした。

 

DSC_9008c DSC_9007b

 

 砂漠の中の道を進むにつれ、道の両側に樹木が見えるようになりました(写真下)。自然の樹木ではなく、人間が井戸から水を汲んで植樹したようです。

 

DSC_9010 DSC_9016b

 

 国立公園に入り、管理の建物に寄りましたが、誰もいないようです(14:43)

 

DSC_9021b DSC_9022b

WS001413

(http://www.conaf.cl/parques/parque-nacional-llanos-de-challe/

 

 Llanos de Challe国立公園(Parque Nacional Llanos de Challe)は、グーグルの地図の標記では「ジャノス・デ・チャレ」とありますが、スペイン語の発音を聞くと「リヤノス・デ・チャイエー」と聞こえます。私の耳はいい加減ですから、信用しないでください()

 

parque150925

 

 道は国立公園内の岩山の間を進み、やがて遠くに海岸が見えてきました(写真下)

 

DSC_9027 DSC_9034b

 

 

道端のブーケ

 道端に紫の花を見つけて急停車(15:03)。花はもちろん美しいのだが、それ以上に驚かされるのは、道端にポツンとこの花がブーケのようにまとまって咲いていることです。バスから見ていて「な、なんだ、今の!」と叫んでしまいました。この花はここにしかなく、周囲を探したのですが、ありません。これもノラナの仲間です。

 

DSC_9044 DSC_9161

DSC_9055 DSC_9162

写真上 Nolana filifolia

 

 せっかく車を停めたのですから、反対側の斜面を降りてみましょう(写真下)

 

DSC_9143 DSC_9144

 

 遠くには海が見えます(写真下左)

 

DSC_9069 DSC_9141

 

 写真下の青紫の花も先ほどのノラナの仲間です。こちらははるかに花が小さい。

 

P1150161

写真上 Nolana divaricata

DSC_9051  DSC_9150

 

一瞬、小さいリンドウかと錯覚するような印象の花です。

 

DSC_9053

 

 写真下の花は小さいのだが、まとまって花が咲いているので見ごたえがあります。

 

DSC_9046

写真上 Zephyra elegans

P1150147 P1150152

 

 このゼフィラは小さくてかわいい、と日本人の私は思ってたくさん写真を撮ったのですが、ここは環境が厳しいために小さいだけで、この植物が元々小さいのではないことが後でわかりました。ここのは十センチにも満たない高さで、高山植物のようですが、環境が変わるとだいぶん印象が違います。

 

P1150153

写真上下 Zephyra elegans

P1150173

 

 風景は荒涼としているので、写真下のバルビシアの黄色い花がかなり目立つ。日本で言えばヤマブキの花のような目立ち方です。

 

DSC_9064 DSC_9065

DSC_9068

写真上 Balbisia peduncularis

DSC_9419  DSC_9468  DSC_9075

 

 ここも乾燥がひどいらしく、シャボテンは枯れたように黒くなっています。中には崩壊してしまっているのもあります(写真下の二段目)。でも、根元の、たぶん別なシャボテンは花を咲かせています(写真下の三段目)

 

DSC_9070 DSC_9106

DSC_9076

写真上 Eulychnia acida

DSC_9071 DSC_9072

 

 斜面の下まで降りると、砂地が広がっています。海から運ばれた砂でしょう。

 

DSC_9130 DSC_9120

DSC_9123 DSC_9127

写真上 Encelia canescens

 

DSC_9131 DSC_9132

写真上 Adesmia argentea

 

 写真上と下は同じマメの仲間で花は似ているものの、写真上は樹木なのに下は草です。

 

P1150156

 

 写真下は十センチ程度の小さな花で目立たないが、一面に生えています。

 

DSC_9148 DSC_9145

 

 写真下は昨日、そして午前中も見かけたオジロエです。数は多くないが、あちらこちらで見かけます。

 

DSC_9083 DSC_9133

写真上 Oziroë biflora

 

 写真下は葉の表面が濡れたように見え、実際にベタベタした粘着性があります。紫外線対策か、吹き飛ばされないためなのか、この植物の戦略なのでしょう。

 

P1150146 P1150142

DSC_9077

写真上 Loasa elongata

 

 ノラナの花束に感動しながら、さらに海岸のほうに進むと、住宅地が見えてきました(写真下)Carrizal Bajoという街です。

 

DSC_9168b DSC_9169b

 

 

ロドフィアラが一面

 街を通り過ぎて北上して行くと、右側の野原に、先ほども見たナツズイセンのようなロドフィアラの群落です(15:55)。現地名はアニャヌカ(AÑANUCA AMARILLA)です。雨が降った後に真っ先に花を咲かせる植物の一つです。

 

DSC_9224

写真上下 Rhodophiala bagnoldii

DSC_9102 DSC_9090  DSC_9177

 

 ロドフィアラは南米にだけある花で、ここのロドフィフラはチリとアルゼンチンの海に近い砂漠から二千メートルくらいの山まで生えています。Pacific Bulb Societyの記述では、冬の間に成長して春になると花を咲かせるとあります。

(http://www.pacificbulbsociety.org/pbswiki/index.php/rhodophiala)

 

DSC_9093

 

DSC_9173 DSC_9174

 

 分布がチリなどの南米に限定されているせいか、Wikipediaも英語版がなく、読めない。

(https://es.wikipedia.org/wiki/Rhodophiala_bagnoldii)

 

DSC_9225

DSC_9197b DSC_9219

 

 黄色の中に少しですが、オレンジ色の花もあります(写真下左)

 

DSC_9190 DSC_9232

 

 写真下左の薄いピンクのような花もきれいで、これは一株しかありませんでした。薄いピンクは私の好きなヒメサユリを連想させる。

 

DSC_9218 DSC_9183

 

 乾燥に適合するために、種で乗り切るタイプと、ロドフィアラのように球根で乗り切るタイプがあるようです。いずれにしろ、雨が降ったら一気に花を咲かせようとジッと待っているのでしょう。そして、今年の春ように雨が降ると、こんなふうになります。

 

DSC_9200 DSC_9209

DSC_9181 DSC_9182

 

 

ゼフィラが一面

 バスを少し進めると、両側一面に今度は白い花が咲いています(16:15)

 

DSC_9265 DSC_9258

DSC_9273 DSC_9277 DSC_9278

写真上 Zephyra elegans

 

 さきほど高山植物のような小さな花だと思って撮ったゼフィラで、ここは環境が良いせいか、三十センチほどの背丈があり、花もたくさんついています。たくさんあるのはうれしいが、さきほどの高山植物のような可憐な姿に比べると雑然とした印象です。

 

DSC_9250 DSC_9252

 

 探すと、環境が厳しそうな所では先ほどと同じように高山植物タイプになります(写真下)。やはりこちらのほうが私の好みに合います。

 

DSC_9473  DSC_9442b

DSC_9346 DSC_9349

 

 よく見ると、白い花の中に薄い青色の花が混じっています(写真下)。この色もなかなか良い。

 

DSC_9270 DSC_9280 DSC_9490

DSC_9290 DSC_9299

 

 イモムシ君はゼフィラのお食事中(写真下)。午前中見たのとたぶん同じだが、柄が派手でない。

 

P1150166 DSC_9269

 

 私たちが花を見ていると、おそらく地元の人たちでしょうか、車から降りて花を楽しんでいます(写真下)

 

DSC_9292 DSC_9288

 

 

エンケリアが一面

 さらにバスを進めると、今度は黄色い花が一面に咲いています(16:33)

 

DSC_9318 DSC_9327

 

 先ほども少し咲いていたエンケリアというキクの仲間です。

 

DSC_9340

写真上下 Encelia canescens

DSC_9342 DSC_9330

 

 山の麓まで黄色い花が咲いているのがわかります。

 

DSC_9331 DSC_9348

 

 オサムシかゴミムシの仲間でしょうか、たくさんいて、メスを追っかけています。

 

DSC_9321b

 

 写真下は日本のカタバミの仲間だというから、驚きです。日本のカタバミは小さな雑草ですが、ここでは樹木化して立ち上がっている。

 

DSC_9397 DSC_9367

DSC_9368 DSC_9421

写真上 Oxalis gigantea

 

 沙漠に生えていたレウココリネが咲いています(写真下)。この後、南下するにつれてこの花は増えていきます。

 

DSC_9401 DSC_9466

写真上 Leucocoryne narcissoides

 

 写真下のソラヌムはナスの仲間というか、花はジャガイモに似ています。ジャガイモ自体が南米産だから、当たり前と言えば当たり前です。

 

DSC_9547c

写真上 Solanum heterantherum

DSC_9383 DSC_9386b

 

DSC_9406 DSC_9407

P1150170 P1150171

写真上 Suaeda foliosa

 

DSC_9448 DSC_9449

写真上 Heliotropium megalanthum

 

DSC_9427

写真上 Tetragonia pedunculata

 

 先ほど花の絨毯を作っていたキスタンテはここではそれほど多くはありません(写真下)

 

DSC_9434 DSC_9450

DSC_9477 DSC_9484

写真上 Cistanthe grandiflora

 

DSC_9440 DSC_9441

写真上 Cryptantha kingii?

 

 

亀シャボテン

 写真下のシャボテンを見てください。なんともまあ面白い形をしている。

 

DSC_9458

写真上 Copiapoa echinoides ?

DSC_9457 DSC_9446

 

 丸くまとまって亀の甲羅みたいで、私は亀シャボテンと名付けました()。学名は私たちが泊まっている街コピアポと同じコピアポアです。

 

DSC_9456 DSC_9471 DSC_9480

DSC_9461 DSC_9472

 

 ほんのわずかですが、黄色い花を咲かせています(写真下)。シャボテンの花にしては大きさも姿も地味です。

 

DSC_9479

 

DSC_9445b  DSC_9462b

 

 

砂漠を進む

 海岸に並行に走る326号を北上します。♪線路は続くよ どこまでも♪と歌いたくなるくらい、砂漠の道は地平線の彼方まで続く(写真下)

 

DSC_9513 DSC_9521

 

 こんな所で砂漠に迷い込んだり、車がエンコしたら、生死にかかわりるでしょう。

 

DSC_9531

 

DSC_9551 DSC_9550

 

 砂漠を走る道路ですから、交通量はごらんのように少ない。

 

DSC_9593 DSC_9592

 

 地面にたくさんの貝殻が落ちています(18:21、写真下)。カタツムリらしい。湿気のある所にカタツムリがいるという日本人の感覚と違い、世界的には砂漠にもカタツムリがいるようです。イスラエルの砂漠で見た時も驚いたが、ここも数が半端でない。日本と違い、雨が降る時期が限られているから、短期間に大発生して消滅するのでしょう。

 研究者によれば、アタカマ砂漠には14種類のこの種の貝がいて、13種類は固有種だそうです。

(https://breure.wordpress.com/2014/04/04/snail-from-atacama-region-chile/)

 

DSC_9552 DSC_9554

 

 先ほどは群生していたロドフィアラです(写真下)。群生していてもきれいだが、ポツンと乾いた砂漠の真ん中に咲いているのもなかなか美しい。地面に見える白い石のような物は写真上のカタツムリの貝殻です。カタツムリの貝殻が散乱する砂漠にポツンと生えた黄色い花、という風景は日本ではまず見られません。

 

P1150177

写真上 Rhodophiala bagnoldii

 

 ここも黄色が大半でオレンジ色は少ない。

 

DSC_9558 DSC_9560 DSC_9562

DSC_9561

 

 

ノラナが一面

 白い花が一面に咲いているのを見つけて車を停めました(18:38)

 

DSC_9567 DSC_9570

 

 昨日、空港からコピアポに行く途中で見かけた花です。実は距離的にも近い。ここでも白の他に薄紫の花が混ざっています。ただ、薄紫は数は多くあまりせん。

 

DSC_9576b DSC_9579b DSC_9580b

DSC_9587

写真上 Nolana acuminata?

DSC_9588 DSC_9584

 

 海からの風がけっこう強く、寒い。月が砂漠の上に浮かんでいます。

 

DSC_9589 DSC_9702

DSC_9582

 

 

キスタンテが一面

 赤い花を咲いているのを見つけて、バスを停めました(18:50)。こんなふうに場所が変わるたびに別な花の群落が現れます。

 赤い夕暮れの光で、しかも花が赤いので、良くは見えませんが、地平線の彼方まで赤い花が咲いています。午前中見たのと同じキスタンテですが、環境が厳しいせいか、背丈が低い。

 

DSC_9605 DSC_9606

DSC_9625 DSC_9657

 

 風がだいぶん冷たい。この時、私は喉をやられ、帰国後まで咳に悩まされました。

 

DSC_9642b DSC_9649b DSC_9655b

 DSC_9644b DSC_9656b

写真上 Cistanthe longiscapa

 

 スズメガだ!ハチドリのようにスズメガが飛び回り蜜を吸っています(写真下)。動きが速いのでなかなか撮れない。今日見かけたイモムシ君の親かもしれません。私は夢中になってスズメガを追いかけていたので、集合がかかっていることも気が付かず、パトリシオさんが迎えに来ました。この会社のツアーの面白いところの一つで、客が花に夢中になっていると、急がせたりしない。もっとも私が夢中になっていたのは花ではなく蛾です()

 

DSC_9699b DSC_9700b

写真上の蛾 Hyles annei

DSC_9670 DSC_9667

 

 あたりはすっかり夕方になり、砂漠の山にだけ陽が当たり、平地の部分は暗く沈んでいきます。荒涼とはしているが、壮大で美しい。日本では絶対に見られない光景です。

 

DSC_9712b

 

DSC_9717b

 

やがて太陽が沈み、砂漠は闇に包まれました(19:37)

 

DSC_9728b DSC_9731b

DSC_9725b

 

 八時すぎにコピアポのホテルに戻り、すぐに昨日と同じホテルの二階のレストランで食事です。昨夜はテレビのサッカーがうるさかったので、離れた所にテーブルを用意してもらいましたから、今日見た花について皆さんとの会話もはずみました。花の洪水で頭がクラクラするようなすごい一日だった。

 

P1150185 P1150187

P1150186 P1150189

 

 

 

 

トップページ 日程表 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10