トップページ 日程表 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

 

 

 

赤道直下エクアドル・アンデスの花

7日目 2019915()

サンイシドロ アンティサナ自然保護区 キト

 

 

敷地の花

 朝、六時前に起きると、部屋の温度は15.5℃で、旅行中のホテルの部屋の温度としては一番低かった。寒いのでフリースを着ました。これが赤道直下のジャングルでの九月です。

 

DSC_2172_0001 DSC_2173_0002

 

 今日はサンイシドロを出て、アンティサナ自然保護区などを訪れて花を探しながら、再びアンデス山脈を横断して、キトに戻り、帰国の途につきます。

 

routemap190915

 

 食事前の6:45から植物ガイドのトバールさんがロッジ内の敷地を案内してくれるという。敷地と言っても周囲はジャングルで、とこまで敷地でどこからがジャングルなのか区別がつかない。曇っているのでジャングルの中は明るくありません。昨日の朝のように雨が降るより良しとしましょう。

 

DSC_2189_0018 DSC_2193_0022

DSC_2469_0298 DSC_2214_0001

 

 ここは花もさることながら、鳥の観察で有名らしく(写真下)、観察道がいくつもあります。

 

DSC_2251bbc DSC_2345_0174

 

 敷地のランは自然のものではないのが含まれるというから、移植したと考えたほうがいいでしょう。

 

P9150554 DSC_2217_0046

写真上下 Cyrtochilum diserratum

DSC_2218_0047 DSC_2201b

 

 直径1cmのボールペンと比較しても、かなり大きなランなのがわかります。

 

DSC_2220_0049

 

 写真下のランはエクアドルにのみ分布する固有種のようです。

 

DSC_2186_0015 DSC_2185b

写真上 Cyrtochilum midas

 

 写真下の左右のように似たようなランでありながら、別なグループだという。

 

DSC_2187b P9150536

写真上左 Prosthachea vespa           写真上右 Odontoglossum epidendroides

 

 マシキラリアはゴツイ感じの花が多いのに、こういうヒゲがのびたようなわりと繊細な花もあるのだ(写真下)

 

P9150537 DSC_2208_0037

写真上左 Maxillaria ecuadorensis         写真上右 Maxillaria lepidota

 

 葉っぱの上に花が乗っているランで、この種類はここで初めて見ました。これなら花が他の植物に邪魔されることなく、目立ちます。

 

P9150541 P9150540

写真上下 Pleurothallis ensata

DSC_2211_0040

 

 ホテルの敷地の歩道に沿って、ラン以外にも様々な花が咲いています。

 

DSC_2229_0058 DSC_2227_0056

DSC_2230_0059 DSC_2328_0157

 

 写真下はキキョウの仲間です。エクアドルのキキョウの仲間は日本のそれとイメージがずいぶん違う。

 

DSC_2223_0052

写真上 Siphocampylus 仲間

 

 写真下は花だと思うが、何がどうやっているのか、さっぱりわからない。

 

P9150550 P9150549

 

 写真下はこれまでも何度か見たノボタンの仲間です。同じ幹から色違いの花が咲いている。

 

DSC_2235_0064 DSC_2236_0065

 

 写真下は葉や花から見ると、シュロの仲間でしょう。他の植物が様々な工夫をしているのに対して、写真下右の花は、おおよそ虫を集めようという熱意が感じられないから、風で受粉するのでしょう。

 

DSC_2248_0077 DSC_2246_0075

 

 イネ科の植物が繁栄しているのだから、風作戦も有効な手段なのはわかるが、そうなると、地球の裏側までこれを見ようという気力は起きないから、このツアーはたぶん成り立たない

 

DSC_2300_0129 DSC_2297_0126

 

 写真下など、青と黄色の組み合わせで虫の関心をひこうとしています。奇妙なのは、花にとって対象外の人間が花を美しいと感じ、彼らの出す香りの大半を心地よいと感じることです。虫と人間の五感がかなり似ていない限り、こんなことはおきないはずです。

 

P9150555 P9150558b

P9150557 DSC_2264_0093

 

 被子植物は白亜紀(一億4,500万年前~6,600万年前)に出現したとされています。恐竜たちも花を見て、きれいだと感じたのだろうか。

 

DSC_2321_0150 DSC_2209_0038 DSC_2212_0041

DSC_2194_0023 DSC_2333_0162

 

 ネコよりも大きい小さな黒い動物がいます(写真下)。野生だが、餌箱が置いてあるから餌付けされているようで、人間が遠巻きに見ても、それほど恐れません。

 ブラックアグーチ(Black agouti)と呼ばれ、見てのとおりの大型のネズミです。日本にはヌートリアという大型のネズミが住み着いているし、動物園にはカピバラという大型のネズミが人気を集めていて、いずれも南米出身です。

 

DSC_2262b DSC_2250b

写真上下 Dasyprocta fuliginosa

DSC_2259b DSC_2252_0081

 

 レストランではハチドリの餌付けをしています。見事な緑色のハチドリです(写真下)。写真下は尾羽が長いことからLong-tailed Sylph(アオフタオハチドリ)と呼ばれています。長い尾羽は飛行には邪魔だが、メスは最も尾羽の長いオスを選びます。当然、メスはこんな邪魔な尾羽は持っていません。

 

DSC_2316_0001bb

 

DSC_2315bn 2265dd

 

 ハチドリとは飛びながら蜜を吸うのが習性かと思っていたら、ここでは停まって蜜を吸っています。花のように停まるところがないからホバリングしているだけで、どうやらハチドリも停まったままで食事をしたいらしい。

 

2267dd DSC_2270_0001b

 

 ハチドリを見ながら、昨日と同じホテル敷地内のレストンで朝食です。

 

P9150559 P9150560

P9150561 P9150562

 

 

サンイシドロの周辺

 ホテルのオーナーの見送りを受けて、八時にバスは出発しました。まずはこのサンイシドロ周囲のジャングルを少し散策します。ここには鳥や花を観察するための散策路が広範囲にいくつもあります(下図)

 

DSC_2245bb

 

 ジャングルらしい巨大なシダです(写真下左)

 

DSC_2339_0168 DSC_2206_0035

 

 ロッジの敷地でも見た、長いヒゲを付けたようなマキシラリアがここにはたくさん咲いています。

 

DSC_2348_0177 DSC_2349_0178 P9150567

写真上 Maxillaria lepidota

 

 写真下もロッジでも見られたランで、ここのは株も大きく立派で、花がたくさん咲いていますから、植木鉢に入る大きさではありません。

 

DSC_2496_0325

写真上 Prosthechea vespa

DSC_2497_0326 P1050089

 

 写真下のランは木の根元に落ちていました。そばで撮れるから、我々にはありがたいが、ランにとっては危機です。

 

DSC_2371_0200

写真上下 Epidendrum mancun group

P9150580 P9150577

 

 樹木に付着していたのが風などで落ちたのでしょう。地面に落ちてしまうと、もはやランは生きていけません。そこで植物ガイドのトバールさんが近くの杭にこのランをひっかけてあげました。しばらくは生き延びるだろうが、強い風が吹いたら、また落ちそうです。

 

DSC_2366_0195

 

 木の切り株を植木鉢代わりにランが生えています。あの樹木化している「ランらしくないラン」です。

 

DSC_2358b DSC_2359_0188

写真上 Epidendrum secundum group

 

 牧草地のほぼ全ての杭の上に、シダの仲間が生えています(写真下)

 

DSC_2379b-1 DSC_2382b-1

 

 ビニールハウスもあります(写真下)。斜面に作ったら温度に落差がでるだろうから、何か理由があってわざとそうしているのでしょう。植物ガイドのトバールさんによれば、果樹は動物による被害があり、農家は害獣として殺してしまうので、動物の保護のためにも、彼らが入れないビニールハウスは双方にとってプラスするとのことでした。

 

DSC_2445-1

 

 地球の反対側なので日本では見慣れない花が多い中、ウツボグサがありました(写真下)。逆に、ここにとっては外来種です。

 

DSC_2360_0189 P9150573

写真上 Prunera vulgalis

 

 ちょっとわかりにくいが、写真下はカタバミの仲間です。エクアドルのアンデスに普通に生えています。

 

P9150563

写真上 Oxalis lotoides

 

 これだけ赤い花が集まると、道端で激しく目立っています(写真下)

 

DSC_2391_0220

写真上 Bomarea sp.の仲間

P9150582 DSC_2387_0216

 

 写真下はアカバナの仲間で、上段は主にエクアドルに、下段はボリビアからペルーにかけて分布します。

 

DSC_2415_0244 P9150583

写真上 Fuchsia sylvatica

DSC_2336b DSC_2340b

写真上 Fuchsia dependens

 

 写真下の花は下を向いているので、こんなふうにして撮ります(写真下左)

 

DSC_2407_0236 DSC_2403b

写真上 Psammisia oreogenes

 

 写真下は同じPsammisiaで、見たのはここだけです。強烈な赤が多い中、一部が薄いピンク色だとかえって目を引きます。

 

DSC_2498_0327 DSC_2501_0330

写真上 Psammisia ferruginea

 

 写真下はツツジの仲間です。

 

DSC_2418_0247 DSC_2419_0248 P9150584

写真上 Ceratostema peruvianum

 

 写真下はこれでもキキョウの仲間です。

 

DSC_2465_0294 DSC_2462_0291

写真上 Centropogon仲間

 

 真っ青なサルビアにお目にかかるのは二度目で、日本にはない真っ青な色には感動します。写真下左ではカトンボのような虫がいます。こんなのが蜜を吸うのだろうか。

 

P9150593 P9150594

写真上 Salvia scutellaroides

 

 

土砂崩れ

 イシドロでの観察を終えて、幹線道路に戻り、ガソリンスタンドでトイレ休憩です(11:05)

 

DSC_2508c DSC_2505_0334 

 

 相変わらずの天気で、川はかなり増水しています。

 

DSC_2512-1 DSC_2521b-1

 

 土砂崩れを取り除いた跡があり、そこを通過してすぐに車が渋滞していて、嫌な予感(11:33)

 

DSC_2541b DSC_2545bb

 

 写真下の何か荷物を持った人たちは渋滞した車相手の物売りです。私たちのバスのドライバーも何か買っています(写真下右)

 

DSC_2533b DSC_2534-1

DSC_2542-1 DSC_2535b

 

 物売りがいるほど渋滞時間が長いわりには、車の台数はそれほど多くありません。と言うことは、時間をおいて少しずつ通行させているのでしょう。停車から10分ほどで車列が動き始めました。幸い、この日の土砂崩れはここだけでした。

 

 DSC_2551_0380 DSC_2553b

 

 

アンティサナ自然保護区へ

 アンティサナ自然保護区(Antisana Ecological Reserve)に入るために、山を登り始めました。

 

DSC_2574_0403 DSC_2662_0491

 

 保護区までの道は開墾された牧場で、樹木はまばらです。生活のために必要とはいいながら、ここが大規模な雲霧林であったことを考えると、悲惨な光景です。

 

DSC_2577_0406 DSC_2654b

DSC_2578_0407 DSC_2651-1

 

 枝にタカのような猛禽類が停まっています。強烈な視力でこちらの様子など丸見えなのでしょう。

 

2570dd-1 2572dd-1

DSC_2645_0474 DSC_2653_0482

 

 さらに登るとようやく森林が伐採されていない地域に入ってきました(写真下)。これなら、何かありそう。

 

DSC_2600_0001 DSC_2599_0001

 

 早速、樹上に黄色いランが見つかりました(写真下)。一緒に写っている細長い葉がこのランの葉のようです。成長すると3m近くにもなるという。

 

DSC_2580_0409 DSC_2581_0410

写真上下 Cyrtochilum macranthum

DSC_2591_0420 DSC_2588_0417

 

 写真下は先ほど切株の上にはえていたのと同じで「ランらしくないラン」と私が名前を付けたランです。先ほどのは花の色がぼやけていたが、ここは見事な朱色です。

 

P9150644 P9150645

写真上 Epidendrum secundumの仲間

DSC_2707_0536 DSC_2708_0537

 

 自分でもいけないと思うのは、写真下のようなありふれた外見のランを見てもだんだん感激しなくなっていることです。本当は写真下のランも初めて見るのだから、感動しなければならないのですが・・・。

 

DSC_2737_0566 P9150657

写真上 Pterichis triloba

 

 写真下のような小さい薄黄色のランはこれまでも何度も見ましたが、これは初めてです。ランにしては地味でも、南アメリカ全土にあるというから、見た目よりは強いらしい。

 

DSC_2752b

写真上下 Stelis pusilla

P9150659 P9150661b-1

 

 

テリポゴンがさらに二種類

 数日前も見たあのパラボラ・アンテナのようなランです(写真下)。こちらは何度見ても感動する。これは前見たのとは別で、二番目の種類です。

 

DSC_2681 DSC_2677_0506

写真上下 Telipogon hausmanianus

DSC_2702_0531 P9150625

 

 ランの多くは樹木の高い位置に生えていて、ポツンと咲いているのはきれいです。

 

DSC_2630_0459 DSC_2632_0461 DSC_2634b

DSC_2617

 

 写真下は三番目の種類で、学名にはこの地方の名前が付いていて、実際にエクアドルの北東部のみに分布するから、固有種です。

 

P9150614

写真上下 Telipogon cuyujensis

 

 ランにしては珍しく、三枚の花弁が花を構成していて、ガクは写真下のように後ろに引っ込んでいます。特に、普通は花弁の一つが唇弁として下から突き出ているのに、これは唇弁が他の花弁と同じような形で、上にのびています。

 

DSC_2687_0516 DSC_2698 P9150616

 

 直径1cmほどのボールペンと比較してもわかるように、花は小さい。ランの花の構造は訳が分からないのが多く、これもその一つです。前や横から見ても、いったい、どうなっているんだ?

 

P9150618 P9150619

P9150621 P9150622b-1

 

 

雲霧林の花

 森林の中は十分な湿気があるのでラン以外の花もたくさんあります。

 

DSC_2712_0541 P9150647

DSC_2717_0546 P9150632

 

 写真下は前にもすでに出てきたことがある花で、このままのデザインで子供のオモチャやお菓子が作れそうです。

 

P9150596 P9150599

写真上 Kohleria affinis

DSC_2625_0454 DSC_2622_0451

 

 写真下は中米のコスタリカからボリビアまで分布して、6mくらいまでなり、赤味をおびた樹木がフェンスや木工品として使われるという。

 

P9150630 DSC_2704_0533

写真上 Escallonia myrtilloides

 

 先ほどの青いサルビアに続いて、今度はこれまたきれいなピンク色のサルビアです。日本で市販されているサルビアよりもこういう野生のほうがずっときれいです。

 

DSC_2716_0545 P9150650

DSC_2719_0548 P9150651

写真上 Salvia tortuosa

 

 青紫のルピナスがちょっとした茂みを作っています(写真下)

 

DSC_2722_0551 P9150654

写真上下 Lupinusの仲間

DSC_2720_0549

 

 写真下はキキョウの仲間のようです。ネットでこの花を見ると、写真下は被写体としてイマイチで、たぶん終わりかけている。エクアドルに主に生えていて、生息域が減っているそうです。

 

DSC_2748_0577 P9150658

写真上 Siphocampylus lucidus

 

 バスの中で昼食です(13:13)。今日もボリュームがあります。

 

P9150639

 

 

霧雨のアンティサナ自然保護区

 別なアンティサナ自然保護区の入口に到着しました。アンティナサ山の北側にあたり、標高は3420mほどです。先ほどの樹林と違い、高い樹木は少ない。

 

DSC_2756c DSC_2757_0586

DSC_2785_0614 DSC_2803_0632

 

 枯れたような風景でも、良く見ると、足元にはいろいろな花が咲いています。

 

DSC_2830b-1 DSC_2816b DSC_2824b

 

 シャコバサボテンかと思ったら、キクの仲間だという(写真下)。ペルーでは伝統医療の薬として用いられています。

 

P9150731 P9150732 P9150733

写真上 Bacchalis genistelloides

 

 日本やユーラシア大陸では、高山植物といえばウスユキソウ、いわゆるエーデルワイスとその仲間が良く見られます。しかし、ここではかろうじて写真下のハハコグサの仲間らしいのが見られる程度です。

 

DSC_2812b DSC_2813b DSC_2815_0644

写真上 Gamochaetaの仲間

 

 写真下は葉や花から、赤いユリだろうかと期待してしまったが、考えてみれば、南米にはユリはありません。

 

DSC_2789_0618

 

P9150708 P9150673

 

 小さなツツジの仲間で、花の色と形が気に入りました(写真下)。きれいに咲いているのはこのあたりの数個しかない。

 

P9150727bb

写真上 Disterigma codonanthum

P9150726b DSC_2811_0640

 

 写真下のような、日本でいえばドウタンツツジの仲間がエクアドルには多い。

 

P9150736 DSC_2837b

写真上 Disterigma仲間

 

 これらの植物が人気があるのは花よりも実で、次の植物がそれです。

 

DSC_2740_0569

写真上 Pernettya prostrata

 

 写真下は、上段が花、下段が実です。こんなふうにきれいな実がなるので、好まれるようです。

 

P9150734 P9150735

写真上下 Pernettya prostrata

P9150679 P9150680

 

 すっかりお馴染みの袋のついたキンチャクソウの仲間で、この種類は初めてです(写真下)

 

DSC_2820bb-1 DSC_2822bb-1

写真上下 Calceolaria calicyna

DSC_2834_0663 DSC_2805_0634

 

 写真下は同じキンチャクソウの別種です。

 

DSC_2857_0686

写真上 Calceolariaの仲間

 

 

アア

 天気は相変わらず、雨が本降りでないだけ良しとしましょう。

 

DSC_2804_0633 DSC_2810_0639

DSC_2765-1d

 

 3400mの高山にランが咲いているのだから、すごい。写真下はコロンビア、エクアドル、ペルーに分布します。

 

DSC_2762_0591 DSC_2808_0637

写真上下 Pterichis triloba

P9150670 P9150669

 

 写真下は雨でうなだれて、花が十分に開いていないランです。

 

P9150686 P9150700b

写真上下 Elleanthus gastroglottis

DSC_2781_0610 DSC_2782_0611

 

 写真下のランなどまるでマントで頭を覆うようにして、雨の直撃を防いでいますから、虫にとってはありがたい雨宿りになります。

 

DSC_2775_0604 P9150691

P9150699 P9150690

 

 写真下左は色違い・・・いや枯れ始めて茶色になっただけか。写真下右も、花弁やガクが細いから別種か、あるいは開花に失敗した?

 

P9150694 DSC_2769b

 

  写真下のランはベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルーに分布し、このランに限らず、アンデスを中心とするこのあたりの植物相がひとまとまりだということなのでしょう。

 

DSC_2791_0620

写真上 Ornithidium serrulatum

P9150704 P9150710

 

 写真下は花の大きさはせいぜい5mmくらいで、花も植物全体も小さい。中米からペルーまで分布し、咲く期間は短いというから、ちょうど良い時期に来たようです。

 

DSC_2795_0624 P9150719

写真上下 Pachyphyllum crystalinum

P9150714 P9150722

 

 「アアだ」と思わず言う(写真下)911日にもポツンと一本だけのアアを峠の雨の中で見ました。茎の一番太いところでも直径が1cmはないでしょう。まるで枯れた花だが、良く見ると、花が咲いていて、しかもランの姿をしている。

 Aaという奇妙な属名がついた理由は、ランを一覧表にしてアルファベット順に並べる時、先頭にくるようにしたという説があるようです。地味なランだから、名前で目立たせてやれと考えた人はなかなか賢い。おかけで、素人の私はランの名前なんて覚えるつもりもないのに、この冴えない姿と単純な名前はすぐに覚えました。

 この奇妙なランを見たのが最後で、ここから先はランはありませんでした。

 

DSC_2846_0675 DSC_2847b

写真上 Aa hartwegii

 

 

Papallacta湖の近く

 道はさらに高度を上げていきます。写真下右は川を堰き止めて造った人工湖(Laguna Papallacta)で、このあたりも標高3400mほどです。

 

DSC_2842_0671 DSC_2843_0672

 

 写真下左はフウロソウです。日本やユーラシア大陸では高山といえば必ずフウロソウが出るものだが、エクアドルでは、見かけるが、あまり目立ちません。

 

DSC_2850_0679 DSC_2865_0694

写真上左 Geranium ecuadorensis        写真上右 Solanumの仲間

 

 今日はサルビアの仲間を青、赤、そして紫と三種類も見かけました(写真下)

 

DSC_2856_0685

写真上 Salvia pichinchensis

 

 写真下のキクの仲間はエクアドルのみで見られ、しかも生息数が減っています。

 

DSC_2872_0701 DSC_2873_0702 DSC_2864_0693

写真上 Aetheolaena subinvolucratus

 

 樹木化したキクの仲間で、これもエクアドルでは減少が心配されています(写真下)

 

DSC_2883_0712 DSC_2885b

写真上 Pentacaliaの仲間

 

 写真下はキクというよりも、ガーベラのように見栄えのする大きな花です。

 

DSC_2862_0691 DSC_2882_0711 DSC_2886_0715

写真上 Dorobea pimpinelifolia

 

 写真下はボリビア、コロンビア、エクアドル、ベネズエラに分布し、薬用として用いられることがあるようです。

 

DSC_2880_0709 DSC_2890_0719

写真上 Senecio formosus

 

 ここのルピナスの仲間は先ほどと比べてやや小柄な品種です(写真下)

 

DSC_2839_0668 DSC_2840_0669

写真上 Lupinusの仲間

 

 これまでもリンドウの仲間だと言われた花をいくつか見ましたが、日本でのリンドウのイメージとだいぶん違うのが多かった。その中では写真下はリンドウいわれれば、そんな気もします。エクアドルやコロンビアの山岳地帯にあります。

 

DSC_2867b DSC_2870b

写真上下 Gentianella rapunculoides

P9150742 P9150748

 

 写真下はエクアドル、チリ、アルゼンチンに分布し、花よりも葉が庭などにはわせる園芸用として用いられているようです。

 

P9150743 P9150744 P9150746

写真上 Gunnera magellanica

 

 写真下がゴマノハグサ科だと言われると、たしかにシオガマギクの仲間に似ています。日本から中央アジアにかけてシオガマギクの仲間は良くみられ、花も派手なのに、ここではほとんど見かけませんでした。彼らは南米ではあまり繁栄しなかったらしい。

 

DSC_2876_0705 DSC_2878_0707

写真上 Bartsia laticrenata

 

 

セーターを着たプヤ!

 高度を上げるにつれて雲の中に入ったらしく、濃霧です(写真下)

 

DSC_2893_0722 DSC_2896_0725

 

 平らな湿原のような所に何かニョキニョキと生えています(写真下)。なんだ、これ?チベットなら、枯れたダイオウかと思ったでしょう。

 

DSC_2904_0733 DSC_2906_0735

写真上下 Puya hamata

 

 毛むくじゃらな植物で、もちろんダイオウではありません。枯れた植物かと思ったら、青い花が咲いています。花を見て驚きました。プヤじゃないか!!

 

DSC_2910_0739 DSC_2912_0741 DSC_2915_0744

 

 写真下が2015年にチリで見たプヤです。背丈は軽く3mをこえ、花の真ん中に「角」があるという奇妙な姿の植物で、何よりもその不思議な花の色に私は驚きました。一度見たら絶対に忘れない花です。今回またプヤにお目にかかるとは期待していなかったし、こんな寒冷な高山に生えているとは知らなかったので、かなり驚きました。「プヤ、お前、こんな所に、こんな姿で咲いていたのか!」と話しかける()

 

http://mugentravel.sakura.ne.jp/atacama2016/150930atacama.files/image080.jpg

写真上 2015年にチリで撮影したプヤ

 

 チリで見たプヤは海岸近くの平地に生えていましたが、ここは標高4000mをこしています。同じ南米だから、生えていてもおかしくないものの「セーターを着たプヤ」としてこんな高地に適用したとはすごい。

 

P9150751 P9150756

 

 チリのプヤと違うのは花が小さいだけでなく、花の色が青いことです。写真上右のようにやや水色のような花もあります。

 

P9150762 P9150775

 

 写真の中でも花の雰囲気をもっともよく伝えているのが写真下です。花弁が肉厚で、光沢があり、ガラスかプラスチックで作ったような印象です。

 

P9150765

 

 写真下は本に載っていた断面図で、花はかなり長く筒状なのがわかります。これなら中は断熱されて温かいから、昆虫にとっては居心地が良い。

 

WS004997

Flora_del_Ecuador”(49ページ)から転載

 

 写真下右がプヤの葉っぱです。これを見ると、パイナップルの仲間だとわかります。こちらは光合成が目的だから、トゲはあっても毛はありません。

 

P9150761 DSC_2908_0737

 

 平原のかなり先まで生えているので、もう少し見ていたいが、冷たい強風が吹き荒れているので、だんだん身体が冷えて来た。だからといって、セーターを着たプヤに抱き着くわけにもいかない()

 

P9150766 DSC_2916_0745 P9150767

 

 

Cayambe-Coca国立公園

 Cayambe-Coca国立公園の入口に到着です(16:51)

 

DSC_2919_0748

 

WS003975

 

 公園の入口に管理施設があり、ここで受け付けをします(写真下)

 

DSC_2922_0751 DSC_2920b

 

 写真下の左側の人物がここの職員で、手に持っているのは木に焼きゴテで絵を描いたお土産品です。絵そのものは悪くなく値段もそれなりだが、木が合板なのが残念でした。

 

DSC_2928_0757 DSC_2929_0758

 

 山をさらには登り、標高4280mと、今回の旅行では一番高い。しかし、写真下のように、雲()に完全に包まれ、風景は何も見えません。

 

DSC_2930_0759 P9150781

 

 風景が見えなくても困らないのが花のツアーの良いところだが、陽が射さないので、閉じてしまった花もあるだろうし、何よりも薄暗いので見つけにくい。

 

P9150794 P9150790

 

 912日のチンボラソ山の植物相と似ています。

 

P9150778 P9150779

写真上左 Phlegmariurus crassus      写真上右 Xenophyllum humile

P9150784 P9150791

写真上 Hypochaerisの仲間

 

 ここはCayambe-Coca国立公園といっても、その南端にあたり、カヤンベ山よりも南にあるアンティサナ山のほうが近い。

 

P9150792 

写真上 Monticaliaの仲間

 

 写真下のカノコソウの仲間は、エアドルを中心に北はコロンビア、南はペルーまで分布し、かなり強い不愉快な臭いがあるそうですが、写真を撮っている時には気が付きませんでした。

 

P9150787 P9150789

写真上下 Valeriana plantaginea

DSC_2825b-1 DSC_2827_0656

 

 これで花の観察は全て終了で、山を下りて雲から出ると、夕暮れの中に雪山が見えました(写真下左)。たぶん、これが晴れていれば、南側に見えたはずのアンティサナ山(5,758m)です。

 

DSC_2936b-1 DSC_2934b-1

 

 途中、ガソリンスタンドでトイレ休憩をはさみながら(18:13)、キトに向けて下山します。

 

DSC_2938_0767

 

 

スーパーで買い物

 キト市内の大きなスーパーで買い物です(18:39)。一時間ほどの買い物の時間が与えられ、時間を持て余すだろうと思ったら、日本語ガイドのパエスさんが丁寧に案内してくれるので、あっという間にすぎました。

 

DSC_2943_0772 DSC_2948_0777

DSC_2940b-1 DSC_2953-1

 

 この国は米ドルが通貨で、スーパーはクレジットカードも使えますから、残金の心配もなく、気軽に買い物ができます。コーヒーやジャムなど日常品を買いました。スーパーですから、庶民が飲食しているものです。

 

P1310446 P1310441

P1310437 P1310435

 

 スーパーは大きなショッピング・モールの中にあり、他にもたくさんの店があり、その一角にあるレストランで夕飯です(19:44)

 

DSC_2960-1 DSC_2961-1

 

 地方を回ってきたせいか、食事は都市部のレストランのメニューという印象です。

 

P9150799b P9150800b

P9150801b P9150803b

 

 食後、キト市内の東にあるマリスカル・スクレ国際空港( Aeropuerto Internacional Mariscal Sucre)に移動して、これでいよいよ植物ガイドのトバールさんや日本語ガイドのパエスさんともお別れです(21:55)

 

P9150806 P9150808

 

 空港で登山靴や雨具などをスーツケースに入れて荷物を詰め替え、通関手続きです。

 

P9150809-1b P9150810c

 

 飛行機はユナイテッド航空のUA1036便、機体はボーイングB737-700で、キトを9/16 00:35に出発して、5時間10分の飛行の後、ヒューストンに朝05:45に到着予定です。

 

P9160817 P9160820-1b

 

 私は予約金を払って26Aを予約しました。下図はその時の座席配置ですが、26よりも後ろは窓側や通路側は満席になっていま。ところが、またしても、実際には事前予約をしなかった他のお客さんがこれらの後ろの座席に座れました。つまり、空いていたにもかかわらず、有料の予約を取らせなかったのです。後ろの席は予約させないというのは、この航空会社に限らず、しばしば見かけます。

 お金を取りながら、空いているにもかかわらず、意図的に予約さえもさせないというのは、サービスとしては不合格で、五段階の個人評価は不満足のDです。

 

WS003952

air190916

 

 飛行機はほぼ予定どおり、0:46にキトの国際空港を離陸しました(写真下)

 

P9160819 P9160825-1b

 

 私のモニターのコントローラが右側の肘掛け椅子に固定されています。ところが、右側に座った隣のオバサンがその事に気がつかず、ひじ掛けに腕を乗せてスイッチを押してしまうので、私のモニターが勝手に変わってしまう()。これはオバサンの問題だけでなく、コントローラをひじ掛けの上に付けたというロッキード社の設計ミスです。

 

P9160828-1b P9160831b

 

 離陸して一時間ほどたった頃に、飲み物と夜食が出ました(01:35)。コカコーラを頼んでも一度では通じず、さらにコップ分なのか、缶ごとなのかを二度言い直しました。私の英語力の低さもさることながら、アメリカ系の航空機では良く体験します。

 

P9160833

 

 飛行機はすでに太平洋上を飛行しているようです(写真下)。少しでもいいから、眠ることにしましょう。

 

P9160836b-1

 

 

 

トップページ 日程表 1 2 3 4 5 6 7 8 9