トップページ 日程表 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

 

 

 

赤道直下エクアドル・アンデスの花

3日目 2019911()

マカス サンガイ国立公園 リオバンバ

 

 

庭の散策

 昨夜は早目に寝たので、だいぶん睡眠不足は解消されました。空は雲っており、いんぶん霧さえもかかっています。気温が低いからよいが、湿度は日本の比ではありません。

 

arrayan005

P1010001 P1010003

 

 今日はマカスからバスでリオバンバまで移動します。下の地図を見てもわかるように、アンデス山脈の東側の平地の近くにあるマカスから、再び、アンデス山脈を斜めに横切って行き、サンガイ国立公園の周囲で花を探します。

 

routemap20911

 

 6:45から植物ガイドのトバールさんがホテルの庭を案内してくれるというので行ったら、彼は遅刻しました。日本人は時間にうるさいことを知らないらしい()

 

P1010006 P1010009

P1010010 P1010012

 

 昨夜、ホテルに到着してロビーで待っていた時、ロビーの中で花の香りがしました。だが、どこにその花があるかわからない。なんと、通路の向こうの十メートルも先に生えていた写真下の花がその匂いの元でした。

 

P1010013

 

 庭の花は地元産ではあっても、自然そのままではなく、大半が植栽されたものです。ただ、写真下のような樹木に付着した植物は自然そのままでしょう。

 

P1010015 P1010007

 

 下の衛星写真がホテルの敷地で、Upano川と道路の間の森の中にホテルが建っています。

 

garden190911

 

WS004986

 

 庭で最初に見つけたのは大きなカタツムリです(写真下)。細長いことから見て、恐怖のアフリカマイマイでしょう。寄生虫がいますから、絶対に触ってはいけません。彼らが通過した後に残る粘液でさえも危ないと言われています。前にインドに行った時に、ヤブの中で初めて出くわして、そのでかさに驚いたことがあります。

 

P1010004

写真上 Achatina fulica

 

 庭にはいろいろな栽培品の花が咲いています。

 

P1010035 P1010102

P1010044 P1010047

 

 この庭ではランは当たり前の花です。

 

P1010098 P1010099

 

 写真下の大柄でボテッとした印象のマキシラリアは、このあたりのエクアドル東部、ペルー、ボリビアにかけて分布します。

 

P1010023 P1010025

写真上 Maxillaria fletcheriana

 

 昨日も、ガソリンを詰めた後で見たオウムバナです。

 

P1010066 P1010046

 

 写真下もオウムバナで、ピンク色の部分は花弁ではありません。

 

P1010048 P1010050

写真上 Heliconia aemygdiana

 

 写真下右もオウムバナです。

 

P1010045 DSC_9723_0662

P1010036 P1010056

 

 きれいなショウガで、赤い部分は花弁ではなく、花を包む苞(ほう)で、花はその中にあるクリーム色の部分です。

 

P1010043

写真上 Curcuma euchroma

P1010040 P1010042

 

 北側はミカン畑だったらしく、地面にいくつか落ちています(写真下)。しかし、ミカンの木はどれもこれも苔むして、様々な植物が枝に着生している。

 

P1010064 P1010061

P1010059 P1010062

 

 足元に紫色の花弁が落ちているので、見上げると、ジャガランダが咲いています。

 

DSC_9727_0001c DSC_9732_0671

 

 緑色のインコがいて、人馴れしているらしく、あまり人を恐れない。学名はアマゾンが二つも入っています。中南米では一般的なオウムです。

 

DSC_9720_0659 DSC_9724_0663

写真上 Amazona amazonica

 

 ホテルで飼っているらしい犬が私にじゃれついてきました。私は朝、虫よけスプレーをたっぷり浴びましたから、私は何も臭わないが、彼らの臭覚では嫌な臭いがするのでしょう。私のズボンの臭いを嗅いで、ショックを受けた姿が写真下です。先ほどまでの元気はどこへやらで、意気消沈している。オレにじゃれるのはやめたほうが良いと注意したが、遅かった()

 

P1010073

 

 ホテルの西側にUpano川が流れていて、急流に削り取られたのか、急峻な崖になっています。

 

P1010074 P1010017

 

 写真下は後で川にかかった橋から見たUpano川で、土手が急斜面なのがわかります。

 

DSC_9738b

 

 観光用に川に降りる階段があり、ロープで下りるような仕掛けまであります。しかし、長年放置されたらしく、階段すらも危なく、とても下りていけない(写真下)

 

P1010076-1 P1010075-1c

 

 昨夜と同じホテルの敷地内のレストランで朝食です(写真下)

 

P1010016-1c P1010020

 

 ただ今、大急ぎで朝食を準備中です(写真下)

 

P1010084b P1010087

 

 

マカス市街

 予定通りに8時にホテルを出発しました。ホテルはマカスの市街地とは川を隔てた東側にあるので、バスは橋を渡り、街中を通り過ぎます(写真下)

 

DSC_9741c DSC_9742b

DSC_9745c DSC_9747b

 

 街はあっという間に通り過ぎ、すぐに山道を登り始め、眼下に今通過した街並みが見えきました。

 

DSC_9746c DSC_9743c

DSC_9757_0001b DSC_9759_0001b

 

 下の地図の左側のアンデス山中へと進みます。

 

macas190911

 

DSC_9750_0689 DSC_9761_0700

 

 お客さんが道端の樹上にある黄色いオンシジウム(Oncidium)を見つけて停車。見事な花なのに、高すぎて、写真が撮れず、種類もわかりません。

 

DSC_9785b DSC_9780_0719 DSC_9786b

 

 写真下はデイゴの仲間で、Erythrina velutinaではないかとのことでしたが、背が高く、花が確認できません。

 

DSC_9771b DSC_9765_0001

 

 オジギソウの仲間は背が低い(写真下)

 

DSC_9798b DSC_9799b

写真上 Mimosa aff. diplotricha

 

 アカバナの仲間は、幹線道路の近くで人家もあるので、外来種です(写真下)

 

DSC_9814_0753

写真上 Ludwigia decurrens

 

 イネ科の植物が同じ場所にいくつも繁茂しています。写真下はカヤツリグサの仲間らしい。

 

DSC_9804_0743 DSC_9807_0746

写真上 Cyperus rotundifolia

 

 写真下は上とは別種なのか、それとも花が開く前はこんなふうに白いのか、わかりません。

 

DSC_9809_0748 DSC_9810_0749

 

 写真下も外見に似合わず、カヤツリグサの仲間で、写真下右をみてもわかるように、背が高いわりには花が小さく撮りにくい。

 

DSC_9811bb DSC_9812_0751

写真上 Eleocharis elegans

 

 道に沿って少し集落があります。

 

DSC_9789_0728 DSC_9819b

 

 バス停はなくても青い路線バスが停まってくれます(写真下)

 

DSC_9793b DSC_9794_0733

DSC_9820c DSC_9821b

 

 学校か保育園か、女の子が一人だけピンク色のワンピースを着ている(写真下左)。それを民族衣装の帽子をかぶった親子が見ている(写真下右)

 

DSC_9815b DSC_9817c

DSC_9818b DSC_9795_0734

 

 

道端の花

 道端に見事なチョウセンアサガオが咲いています。ブラジル原産ですから、持ち込まれたものが野生化したのでしょう。

 

DSC_9827_0766 DSC_9825_0764

写真上 Brugmansia suaveolens

 

 やぶの中でオレンジ色はしっかり目立ちます(写真下)。しかし、良く見ると、赤いのはガクで、内側にある黄色い筒が花のようです。

 

DSC_9858_0797 DSC_9857b

写真上 Drymonia hoppii

DSC_9851_0790 DSC_9869_0808

 

 写真下はイワタバコ(Drymonia)の仲間です。

 

DSC_9865_0804 DSC_9863_0802

 

 早くも本日二つ目のランが登場です。昨日も登場した大柄で人よりも背の高いランです。

 

DSC_9831_0770

写真上 Sobralia rosea

 

 昨日も見た、花の大きさのわりには背の高いランで、ここには珍しく白花があります(写真下)

 

DSC_9832_0771 DSC_9833_0772

P1010106b P1010113b

写真上 Epidendrum calanthum

 

 写真下は初めて登場するランで、頭巾のついたマントを着た妖精たちが踊っているみたいです。英語名はWater Spider Orchidで、名前どおりに水辺を好むランです。夜になると香りを放ち、蛾に受粉してもらうようです。

 

P1010114

写真上下 Habenaria aff. repens

P1010119b P1010117b

 

 写真上は拡大しているので大きく見えますが、肉眼で見た印象は写真下くらいの小さなランです。

 

DSC_9878_0817

 

DSC_9884_0823 DSC_9887_0826

 

 写真下は花も葉もツバキそのまんまだと思ったら、クルシア(Clusia)といって、日本でも観葉植物として売れているようです。

 

DSC_9929b DSC_9930b

 

 朝方、ホテルの庭にもあったオウムバナ(Heliconia)が花を咲かせていて、周囲はうっそうとしたジャングルです(写真下)

 

DSC_9905b DSC_9906_0845

 

 写真下は樹木にピンクの花が咲いているのではなく、パイナップルの仲間が背の高い樹木に着生しているのでしょう。

 

DSC_9879_0001b DSC_9880_0001c

 

 写真下の二つもパイナップルの仲間でしょう。

 

DSC_9961b DSC_0065_0065

DSC_9939_0878 DSC_9942_0881

 

 写真下はマメ科なので、飼料として使われる有用な植物で、一方で、野生化して嫌われていることもあるようです。

 

P1010121b P1010123 DSC_9911b

写真上 Desmodium uncinatum

 

 ヒトデのような形の花はジャスミン(Hillia sp.)の仲間らしい(写真下)

 

DSC_9922_0861 DSC_9928_0867

DSC_9925_0864 DSC_9923_0862

 

 一本の樹木に複数の色の花が付けたノボタンです(写真下)。色の組み合わせがなかなか見事で、藤色、薄いピンク、赤(マゼンダ)など、変化に富んでいる。

 

DSC_0028_0028 DSC_0038_0038

写真上下 Tibouchina lepidota

 

 ここのも高いのは5mくらいはあるでしょう。高さが10m以上もなるというから、かなり大きな樹木です。エクアドルなど南アメリカ北西部に分布します。

 

DSC_9956_0895 DSC_0022_0022 DSC_0037_0037

DSC_9953_0892 DSC_9955_0894

 

 

山道を行く

 谷に沿ったわりと平坦な道がありますから、行ってみましょう(写真下)

 

DSC_9993_0932

 

DSC_0030_0030 DSC_0032_0032

 

 道路脇の湿気のある所に蝶々がたくさん集まっています(写真下)。同じような湿気のある所は他にもあるのに、ここにだけ集まっているのは、塩分など、何かミネラル成分でも出ているのだろうか。

 

DSC_9849b DSC_9979b

DSC_0020b DSC_9986b

 

 わかりやすい模様の蝶なのに、エクアドルは蝶が多いこともあり、ほとんど名前がわかりません。

 

DSC_9997b DSC_9990b

写真上左 Catasticta Susiana

DSC_9977b DSC_9987b

 

 薄暗い茂みの中にヒナノシャクジョウの仲間が白と紫の二種類生えています(写真下)。暗くて、かなり撮りにくい。ヒナノシャクジョウという名前は初めて聞きました。それもそのはずで、日本では関東から南に生えていますから、東北地方では見かけません。

 

P1010150 DSC_0009_0009

P1010173 DSC_0007_0007

 

 樹木に着生した茶色のランで、Epidendrumの仲間です(写真下)。花弁が半透明でテカリがあるので、独特の雰囲気があります。

 

P1010134 P1010138

P1010139b DSC_0004_0004

 

 写真下はランにしては地味だなどと言ったら、怒られそう。色や形の派手さではなく、別な手段で虫を集めているのでしょう。

 

DSC_0098b DSC_0099b

P1010220b P1010222b

 

 お客さんが道端に茶色いランを見つけました(写真下)。写真に撮ると明瞭だが、実際にはそばに行っても私は気が付かないほどでした。コロンビア南部、エクアドル、ペルーのかなり湿度の高い山岳地帯に分布します。

 

P1010178 P1010179

写真上下 Cyrtochilum pastasae

DSC_0044_0044 DSC_0054_0054

 

 写真下の、ちょっとくたびれたランは主にエクアドルに分布します。

 

DSC_0141_0141

写真上下 Sertifera lehmanniana

DSC_0143b DSC_0142b

 

 こちらはだいぶん大きなランで、Maxillariaの仲間でしょう(写真下)

 

DSC_0010_0010

 

 逆に写真下など、カメラの大きさと比較すればわかるように、教えられないと気が付かないくらい小さい。なによりも、これがランだというから、驚かされます。

 

P1010196 P1010198b

写真上下 Epidendrum nanosimplex

DSC_0055_0055 DSC_0060_0060

 

 写真下はプラスックで造ったオモチャのような花で、これでツツジの仲間だという。中米からアンデス山脈沿いにペルーあたりまで分布します。

 

DSC_0062b

写真上 Psammisia cf. ulbrichiana

 

 これもまた変わった姿の花で、地面に花弁が落ちています。たぶんツツジの仲間でしょう(写真下)

 

DSC_0064b

 

P1010201 P1010203

 

 

ハナイカダのようなラン その1

 ここまでのランだけでも驚くのに、写真下の観葉植物のような葉がランだと聞いて、さらに驚きました。それも、これで花が咲いているというのです。どこに?

 

P1010234

写真上下 Pleurothallis cordata

 

 葉の上にゴミのようについているのが花です。

 

P1010212 P1010216

P1010233 P1010232

 

 写真下など、遠目には、特に老眼には、葉の枯れた部分や、ダニなどの虫が這っているようにし見えない()。写真上と下は、花の色が違い、葉の形もだいぶん違うが、同じ種類のようです。

 

P1010253 P1010259

P1010260 DSC_0149_0149

 

 写真下のランは咲いているのは一本しかありませんでした。写真下左で背後に写っている青い葉がこのランの葉で、葉はそれなりにあるのに、花がこれしかない。熱帯アメリカ全体に分布する着生植物で、甘い香りを放つというが、気が付きませんでした。

 

DSC_0075_0075 DSC_0070b

写真上 Prosthechea vespa

 

 写真下は花の色は上と似たようなランですが、こちらは木の枝にぶら下がったように咲いているので、イメージがだいぶん違います。

 

DSC_0152_0152

 

P1010266b P1010273b

 

 昨日も見た「ランには見えないラン」です(写真下)。少なくとも遠目にはランとは見えない。

 

P1010267 P1010270

写真上 Epidendrum secundum

DSC_0132_0132 DSC_0156_0156 DSC_9912b

 

 同じエピデンドラムで、こちらは黄色です(写真下)

 

DSC_0034b DSC_0034bb

写真上 Epidendrum secundum

 

 写真下は上と似たような黄色いランですが、花の付き方などから別種でしょう。

 

DSC_9921b

 

 写真下は葉をみるといかにもランという雰囲気の、花が小さなランで、花の大きさは5mmはないでしょう。コスタリカ、ベネズエラ、コロンビア、エクアドルなどに分布します。

 

P1010318b P1010317b P1010323b

写真上 Stelis tridentata

 

 

橋のそばで昼食

 眺めの良い橋のそばで昼食です(12:59)。車はほとんど通らないので、道端でも気にならないし、湿気があるので埃も立ちません。

 

DSC_0168_0168 DSC_0162_0162

DSC_0164_0164 DSC_0169_0169

 

 写真下が昼食で、サンドイッチ一つにリンゴ一個で、昨日の夕飯のあの分厚いステーキを出したホテルが作ったとは思えない量です。あのレストランで働いていた女性たちの体型から見て、彼らがこんな小食なはずがない()。食後も動きまわるので、昼食は少な目な私でも、これは少なすぎると文句を言ったので、翌日の昼食からは、逆に量が増えました。

 

P1010278

 

 橋の近くに咲いていたのは、これもノボタンです(写真下)。オレンジ色の花は遠くからでも目立つし、なによりも葉が立派です。エクアドル北部とコロンビア南部に分布するというから、このあたりは南限です。私は車の通る道から簡単に見つけられたが、数を減らしているようです。

 

DSC_0172_0172 DSC_0177_0177

写真上下 Meriania hernandoi

DSC_0184_0184 DSC_0188_0188

 

 水が少し流れる岩のそばに生えているイワタバコの仲間です。毎回思うのですが、イワタバコという名前はいただけない。イワタバコはタバコとは何にも関係ないのに、とんでもない名前をもらったものです。

 

P1010281 P1010279b P1010284

写真上 Heppiella ulmifolia

P1010207b P1010205b P1010209b

 

 山を登るにつれて目についたのが、白く立ち枯れしたような背の高い樹木です。枯れているのではなく、これで成長しているのでしょう。

 

DSC_0267_0267 DSC_0202_0202

DSC_0313_0313 DSC_0314_0314

 

 写真下は全体の雰囲気からしてカラマツソウです。日本のカラマツソウと花はだいぶん違うのに、葉や全体のイメージが似ているのがおもしろい。今年、七月に行った東チベットの林芝でも、薄紫のカラマツソウの仲間が涼し気に川のそばに咲いていました。

 

P1010293 P1010292

写真上下 Thalictrum podocarpum

DSC_0214_0214 DSC_0230_0230

 

 写真下のきれいなピンク色の花はトケイソウの仲間で、Passiflora mixtaではないかとのことでした。緑が多いとはいえ、沈んだような色の森の中に、薄紫の柄とピンク色の花弁がぶら下がっていると、かなり良く目立つ。

 

DSC_0304_0304 DSC_0302_0302

DSC_0265b

 

 昨日も何種類か見た、黄色い卵のような花です(写真下)。アツモリソウみたいに付いている袋は、いったい何のためにあるのだろう?袋の中にオシベやメシベがあるのではないから、直接的には受粉に役立たないように見えます。アツモリソウの研究者によれば、袋の中にいったん落ちた虫が何とかそこからはい出ようともがいた時、シベにぶつかるようにしたのだろうという。たしかに、この花も出入口にシベが突き出ています。この説が正しいなら、蜜は与えず、受粉だけさせようという作戦ということになります。

 

P1010298 P1010300

写真上 Calceolaria tripartite

 

 写真下右の紡錘型の花は、花の下にある葉の樹木からぶら下がっています。

 

DSC_0229_0229 P1010126b

P1010133b P1010124

写真上左 Xiphidium caeruleum

 

 写真下はワルナスビ (Solanum) の仲間です。世界中ではびこって嫌われているから、とんでもない名前を付けられてしまった。

 

P1010294

 

 写真下のキクの仲間は同じ株から白とピンクの花が咲いています。

 

P1010410 P1010376

 

 

ボマレア

 写真下はボマレアという主にアンデスに分布する花です。黄色い花弁に赤いガクという信号機みたいな組み合わせもすごいし、それを鈴なりにいっせいに咲かせるのもすごい。まるで繁華街のネオンサインみたいです。

 

DSC_0286

写真上下 Bomarea hirsuta

DSC_0285_0285 DSC_0288_0288

 

 かなり背が高く、写真下中など3メートルくらいあります。花はかなり重さになるだろうから、草なのにこの高さで支えるのはかなり大変でしょう。

 

DSC_0256_0256 DSC_0258_0258 DSC_0287_0001_02c

P1010366 P1010369

 

 写真下は上と同じ仲間で、真っ赤な花をこれだけを見たら、ド派手で目立つが、両者と比べてしまうと、黄色いアクセントがより勝っています。

 

DSC_0227_0227 DSC_0307_0307

写真上下 Bomarea patacoensis

DSC_0346_0346 P1010364

 

 このあたりで標高3000mほどです。

 

DSC_0312_0312

 

 なんとまあ、面白い姿のサルビアでしょう(写真下)。鶴や白鳥が首をのばして飛んでいるような姿です。首をのばしている先端がシベらしい。中南米のサルビアの解説を読むと、受粉を手伝うのは虫ではなく、ハチドリだという。この首の奥にハチドリが長い口ばしを突っ込んで密を吸うのでしょう。花と密を吸うハチドリのツーショットは、両方が飛んでいるみたいで、すごいでしょうね。皆さんも、下の2枚の写真の内、片方がハチドリだと思って想像してください。

 

P1010338 P1010340

写真上 Salvia pichinchensis

DSC_0252_0252

 

 写真下は地面に生えているのではなく、倒木に着床しています。樹木に着生するエアープランツとして園芸種が売られているくらいですから、着床した樹木が倒れたのでしょう。中米と南米大陸の北側だけでなく、キューバやジャマイカなど離れた地域にも分布いるので、昔は地続きだったのでしょう。

 

P1010349 P1010351

写真上 Tilansia complanata

 

 写真下左は昨日も見たカタバミの仲間で、写真下右はシソ(Stachys)の仲間です。

 

P1010360 P1010353

 

  一種類がまとまって咲くことはなく、あちらこちらにポツンポツンと別種の植物が花を咲かせています。ここの自然環境が植物にとっては厳しくないからでしょう。

 

P1010311 P1010303

P1010307b P1010308

 

 写真下は強いピンク色のヤマゴボウの仲間です。花は下から咲き、まだ花弁があるのに実が大きく成長しています。

 

P1010313

写真上 Phytolacca icosandra

P1010306 P1010312b P1010361

 

 双子が並んだようなサトイモの仲間です(写真下)。写真下右では、このサトイモの大きな葉が前に突き出ています。

 

DSC_0333_0333 DSC_0336_0336

 

 

空を見上げるラン

 植物ガイドのトバールさんが藪の斜面を登り、私たちに着いてくるように言います。もちろん、道などありません。

 

DSC_0342_0001 DSC_0344_0344

 

 その先にあったのが、写真下のランです。ランだらけの今回の旅行の中で最も印象深いランは、間違いなくこのランでしょう。パラボラアンテナみたいに空を向いています。

 

DSC_0356 P1010401

写真上下 Telipogon papilio

 

 何株か見つけたが、いずれも樹上の高い所に生えていて、撮りにくい(写真下)。最も良い被写体は最初に見た写真上でした。

 

DSC_0361b DSC_0362b

 

 木の枝に着生して横にのびているので、写真下など、これで水平がとれています。

 

DSC_0421b DSC_0423b

P1010459-1 P1010468-1

 

 上のランの生えている樹木の足元に写真下の茶色のランがありました。上のランの花が5cmくらいあるのに対して、こちらは拡大しないとわからないくらい小さい。こちらはメキシコからアルゼンチンまでの広い範囲に分布します。

 

P1010397b P1010395 P1010392b

写真上 Cranichis ciliata

DSC_0349_0349 P1010387

 

 これらの植物が生えているのは写真下のような雲霧林です。私のアンデス山脈のイメージは荒涼したイメージだったのに、ここはアマゾンの源流に近いこともあり、樹木に着生するランを育てる森林が広がっています。

 

DSC_0359_0359 DSC_0364_0364

P1010409 

写真上左 Fuchsia ayavasensis

 

 写真下はツツジ(Disterigma)の仲間でしょう。大半は蕾で、下のほうが花の先が開いています。

 

P1010425 P1010426

 

 

ハナイカダのようなラン その2

 写真下は豪華に花が咲いていて、いかにもランという雰囲気です。花一つ一つはそれほどでもないのに、これだけ集まるとすごい。

 

P1010420 P1010414

写真上下 Odontoglossum sodiroi

 

 コロンビア南部からエクアドルにかけて分布します。写真はたくさんありますが、ランは一株のみで、今回の旅行で見たのもこの時だけでした。

 

DSC_0386_0386 DSC_0389_0389

P1010413 P1010412

 

 写真上や下がそうだが、大きなランほどポツンと一株だけあります。

 

DSC_0373_0373

写真上 Epidendrum macrostachyum

 

 先ほども見た、葉の上に花が乗っているプレウロタリスの仲間です。

 

DSC_0380_0380 DSC_0381b

写真上 Pleurothallis bivalvis

 

 写真下は咲いているのは1本だけで、手と比較してもわかるように花は小さくて、ゴミか虫がついていると勘違いしそうです。

 

DSC_0401_0401 DSC_0402_0402

写真上 Pleurothallis pyelophera

P1010427 P1010441b

 

 さらに写真下もランで、これで花が咲いているという。写真下右の手と比較しても小さいのがわかります。水がしたたる岩に生えていて、岩と同じ色で、教えられるからわかるものの、自分一人ならまず気が付かない。

 

DSC_0410_0410 DSC_0407_0407

写真上下 Lepanthes mucronata

 

 細長い葉の上にある姿は、花がカヤックやカヌーに乗っているみたいです。

 

P1010447 P1010454b P1010445

 

 ランがあちこちにあるので、写真下もランかと思ったのですが、花を見ると、ランらしくない。

 

P1010418 P1010415b

DSC_0397b DSC_0391b

 

 写真下も特徴ある花で、ランかと思って近づいたら、どうも違う。これも花が咲いているのは一株しかありません。

 

P1010456b P1010457b

 

 

雨の峠の花

 標高が高くなるにつれて霧が濃くなり、峠に到着する前から小雨が降り始めました(写真下)

 

DSC_0416_0416 DSC_0417_0417

 

 峠は標高3500mを越えていて、雨です(16:05)

 

P9110010-1 P9110035-1

 

pass190911a

 

 天気が悪いせいもあり、周囲は荒涼とした風景です(写真下)。峠の近くには湖が点在しているらしく、道からも見えます。写真下右の手前の湖は名前がわかりませんが、さらに向こうに見えているのがLagunas atilloで、そちらのほうが実際は大きい。

 

P9110016-1 P9110011-1

 

 周囲は高い樹木はありません。小雨の中、防水カメラを持って、花を探します。

 

P9110036 P9110014

 

 薄ピンク色の小さなリンドウが咲いています(写真下)。花の周囲を見てもわかるように、コケが生えていますから、ここはかなり湿気があるのがわかります。

 

P9110018 P9110017

写真上下 Gentianella cerastioides

P9110019 P9110020

 

 写真下など花が咲いているかと思ったら、白い地衣類が枝葉を覆っているらしい。

 

P9110025 P9110031

 

 Aa(アア)というランの面白い属名です(写真下)。ツクシを大きくしいたような外見で、枯れているのではなく、これで咲いているらしい。

 

P9110024

写真上 Aa hartwegii

 

 写真下は花からしてオトギリソウの仲間で、草ではなく、樹木です。エクアドルを南北に走るアンデス山脈にそのまま分布します。

 

P9110027

写真上 Hypericum laricifolium

 

 数は多くないが、他にもポツリポツリと花が見られます。

 

P9110028 P9110030

P9110040 P9110041

 

 写真下のカノコソウの仲間は、背の高い花は少ない中、やや大きい。コロンビアからペルーまで分布します。

 

P9110032 P9110033

写真上 Valeriana microphylla

 

 

樹木のない風景

 幸い、雨は峠だけで、高度が下がると雲から抜けました。ただ、ちょっと気になるのが周囲の風景です。峠の東側はうっそうとした森林が広がっていたのに、西側はごらんのように、樹木がほとんどない。

 

DSC_0424_0424 DSC_0425_0425

 

 そのことは下の衛星写真を見ればよくわかります。下の地図はgoogle earthの衛星写真の色を強調したものです。峠を境に東側は緑に覆われているが、西側は赤茶けて緑が少ない。

 

pass190911b

 

DSC_0427_0427 DSC_0429_0429

 

 この違いは、アマゾンからの水分を含んだ雲が東側に雨をもたらし、山を越えると雨量が減ってしまうというのが一番の理由です。しかし、道から見える範囲だけで言うなら、農地として森林を伐採してしまったからでしょう。衛星写真に南北に白い境界線があるのは州境で、右側はサンガイ国立公園(Sangay National Park)という保護区になっていますから、手つかずの自然が残ったのでしょう。

 

DSC_0431_0431 DSC_0440_0440

 

 さらに高度が下がると、山はもっとなだらかになり、畑の緑が増えてきました。しかし、相変わらず、森どころか、林も少なく、見るべき花は何もない。

 

DSC_0449_0449 DSC_0452_0452

DSC_0456_0456 DSC_0458_0458

 

 やがて集落が見られるようになりました。

 

DSC_0464_0464 DSC_0469b

 

 下りるにつれて増えてきたのがビニールハウスです(写真下)。赤道直下といいながら、リオバンバの平均気温は一年を通して1315℃くらいです。エクアドル全体がそうで、気温の変化が少ない。いつも同じ服装で済むから、ある意味便利だが、それでも作物にとってはもっと温度が必要だろうから、温室は有効なのでしょう。

 

DSC_0476_0476 DSC_0478_0478

DSC_0479_0479 DSC_0486_0486

 

 

リオバンバに到着

 リオバンバ(Riobamba)らしい街並みが見えてきました(写真下)

 

DSC_0500b DSC_0502c

DSC_0496c DSC_0505_0001b

 

 市街地に入ってきました(写真下)。エクアドルのほぼド真ん中、アンデス山脈の中にあります。

 

DSC_0532c DSC_0582_0001b

WS005023

(上図 Wikipediaから転載)

 

 下の地図で、市街地の中心部が碁盤の目になっているのを見てもわかるように、早くからスペイン人が入植した街です。

 

Rio190911

 

 リオバンバは標高2,700mで、人口14万人ほどの州都です。

 

DSC_0520_0001c DSC_0509b

DSC_0541_0001c DSC_0549_0001c

 

 店は大きな店舗は少なく、個人が経営するような小さな店が目につきます。

 

DSC_0562_0001b DSC_0581_0001b

DSC_0552_0001b DSC_0555_0001b

 

 果物屋で目立つのはバナナです(写真下)。エクアドルはバナナの輸出量が世界一と言われ、日本にも輸入されています。今ではフィリピンのバナナに押されて減ったが、日本人の口に合うようなバナナを開発することで、今でも一定量が輸入されています。

 

DSC_0550_0001b DSC_0551_0001b

DSC_0524_0001b DSC_0506_0001c

 

 露店も多くはないが、見かけます。写真下は、家の前に机を出してバナナを売っている・・のかと思ったら、机ではなく、バーベキューのように、何かを焼いて売っているようです。オバサンはピンク色の帽子をかぶった民族衣装ですから、何か伝統的な食べ物かもしれません。食べてみたいが、車は通過です。

 

DSC_0533_0001b-1

 

DSC_0527b DSC_0536_0001b

 

 ただ、街角で食べている人は多くはありません。

 

DSC_0534_0001b DSC_0548_0001c

 

 年配の女性を中心に独特の民族衣装を着ています。数の上では少ない。世界のあちこちで見られる現象で、年配の女性が伝統的な衣装を着ていることが多い。日本も、女性の和服は見かけても、男性が羽織袴というのはまずみかけません。

 

DSC_0572_0001b-1

 

DSC_0557_0001b DSC_0537_0001b

 

 帽子と肩掛けが良く目につく。帽子は出かける時だけらしい。これらはこの地方の気候に合っているのでしょう。

 

DSC_0461b DSC_0504c

DSC_0508b DSC_0514c

 

 写真下の女性のように、スカーフをかぶっている人たちもいます。彼らは肩掛けがないから、肩掛けをスカーフにしているのかもしれません。

 

DSC_0493c DSC_0498c

DSC_0521_0001c DSC_0583_0001c

 

 写真下は、二人とも伝統的な服装だから夫婦なのだろうか。それなら、奥さんは子供を背負っているのだから、荷物くらい持ってやればいいのに。

 

DSC_0544_0001b DSC_0545_0001b

 

 若い人たちは普通の服装が多い。また、女性はスカートよりもズボンが目立ちます。

 

DSC_0523_0001b DSC_0558_0001c

DSC_0573_0001b-1 DSC_0547_0001b

 

 若い女性は足にぴったりとしたズボンをはくのが流行らしい。

 

DSC_0574_0001b-1 DSC_0565_0001b-1

DSC_0576_0001b DSC_0577_0001c

 

 石畳の通りに入ってきました。周囲も石作りのきれいな建物なのに、電柱と電線がある。

 

DSC_0570_0001c DSC_0563_0001c

DSC_0571_0001b DSC_0579_0001b

 

 

スペイン風のホテル

 暗くなり始めた頃、石畳の道に面したホテル・MANSION SANTA ISABELAに到着(17:58)。通りのありふれた建物の一つなので、ホテルとは気が付かず通過しそうです。

 

DSC_0586_0001 P1020006b

旅行中資料2019エクアドル_ページ_30旅行中資料2019エクアドル_ページ_31

 

 建物は外見だけでなく、中もなかなかおしゃれです。観葉植物がたくさん置いてあります。

 

DSC_0594b DSC_0590b

 

 ウエルカム・ドリンクはスイカ・ジュース?でも、色も違うし、スイカなんて売っていなかったよな。

 

P1010529-1c

 

 ホテル内にはスパニッシュ・ギターの曲が流れています。私が普段よく聞いている曲なので、まるでこちらの好みに合わせて、歓迎の演奏をしてくれているようで、このホテルがとても気に入りました・・単純。 Señorita,  Oasis, La Tasca, Desert Flowerなどとても良い曲で、Yoububeにもありますから、皆さんもこれらの曲をスパニッシュ・ギターの演奏でお聞きください。

 

DSC_0601_0001 DSC_0641_0002

 

 ただ、木造のせいもあり、音楽が自分の部屋の中まで流れて来て、うるさい。音楽がやんだのが夜も十時すぎてからでしたから、早目に寝たい人にとっては迷惑でしょう。

 

 DSC_0591b DSC_0592c 

 

 ホテルは奥にも別な建物があるらしい(写真下左)。フロント向かいにあるホールは大勢の客のためのセッテングがされています。壁に山の絵が描かれています。リオバンバはチンボラソ山(6310m)、カリワイラソ山(5020m)、トゥングラウア山(5016m)に囲まれた盆地にありますから、これらの山でしょう。

 

DSC_0595b DSC_0597b

 

 七時からホテル内のレストランで夕飯です(19:04)

 

P1010530-1 P1010534b

P1010535-1b P1010536b

 

 私のたちの部屋は吹き抜けを取り囲むように二階にあります。通路に置いてある椅子は、いずれも曲線を基調とした凝った家具です。

 

DSC_0618_0001 DSC_0625b

DSC_0623b DSC_0624b

 

 各部屋には番号ではなく、Orquidea(ラン)Eucalipto(ユーカリ)Madreselva(スイカズラ)Pasiflora(パッションフラワー)など、花や植物の名前が付いています(写真下)。おしゃれだが、部屋を探すのには苦労します。幸い、ここは部屋数が少ないから、回廊を一周すれば見つかる。

 

DSC_0627b DSC_0628b

DSC_0629b DSC_0630b

 

 私の部屋の鍵は花の飾りがついています(写真下左)。私の部屋の名前のHierba luisaはレモングラスだそうだが、この鍵についたような花ではありません。

 

P1010528 DSC_0631b

 

 写真下が私の部屋です。写真下左の左側のドアが入口のドアで、ベッドが邪魔になって完全には開きません()。目立つのが壁の絵で、壁紙ではなく、手書きです。

 

DSC_0604_0604 DSC_0603_0603

 

 写真下左は二階の回廊の壁、写真下右は一階の別なレストランの壁で、いずれも手描きのペイントです。ホテルで手描きの壁は初めて見ました。キャンバスに絵を描くのと違い、素人技では無理ですから、こういうことにお金をかけるのがすごい。

 

DSC_0620c DSC_0598bb

 

 わりと最近に改装したそうで、写真下のドアの穴は修復してあるのに、柱は修復せずに放置されたままです。養生テープも張らずに壁を塗ったので、柱に塗料が残ってしまうなど、私も良くやる。

 

P1020001bb

 

 部屋全体は古いがおしゃれです。家具も脚が曲線になっているなど凝っている(写真下左)。窓側の奥には作り付けではない洋服タンスもあります(写真下右)。ペットボトルではなく、瓶詰の水です(写真下左)

 

DSC_0606_0606 DSC_0616_0616

 

 写真下のキャビネットの中にテレビが入っています。テレビのような現代物は部屋の雰囲気を乱すからと、わざわざテレビを隠したのでしょう。私個人は使いやすさを最優先にするが、こういう美的な配慮は評価します。

 

DSC_0607_0607 DSC_0615_0615

 

 天井の灯りもアンティークで凝っている。壁に照明を付けたら、もっと良かった。

 

DSC_0605_0605

 

 バストイレは木目を基調としながらも、湯船がついていて、清潔な雰囲気です(写真下)

 

DSC_0612_0612 DSC_0613_0613

DSC_0610_0610

 

 浴室の天井は色のついた間接照明で(写真下左)、シャワー室と洗面所の間の仕切ガラスは上部分が丸く切ってあります(写真下右)。上部分ですから、まっすぐでも実用的には問題はないし、切りやすいはずです。そこをあえて曲線を付けた点が良い。これも、私は実用性を重んじるので、洗面所は色付きの間接照明ではなく、明るい白色光で照らしてもらいたいが、実用でないことにもお金をかけ、凝った設計をした点は評価できます。

 

DSC_0637_0637 DSC_0638b

 

 通りに面した狭いベランダがあります(写真下)。その入口のドアは建てつけが悪く、ひと一人が通るのがやっとくらいしか開きません(写真下左)

 ネットでのこのホテルのこの時期の相場はシングルで$66.07(6174)です。スペイン風のおしゃれな雰囲気、手描きの壁、スパニッシュ・ギターなど、今回の旅行で一番気に入ったのはこのホテルです。ドアが開かないことや、設備の細かい問題などすべて帳消しで、このホテルへの個人評価は5.0点満点中、余裕で4.0で満足です。

 

DSC_0634b DSC_0633_0633

 

 夜、寝る前に花火が打ち上げられていました(写真下)

 

DSC_0651b DSC_0655b

 

 

 

 

トップページ 日程表 1 2 3 4 5 6 7 8 9